Khaju Winter Gift Show 2019

225962_568549706493483_694698359_n 543846_568550733160047_1998489220_ 543846_568550736493380_720717413_n

〜大切なあの人に、とっておきのなにかを見つける8日間。

12月1日(日)〜8日(日) 10:30〜17:30

カジュ・アート・スペース恒例の冬の贈り物展示会です。
大切なあの人に、自分へのご褒美に、イイモノ見つけにきてください。

 

花樹ぶらんど(手織り、手染め、各種布小物他)
鎌倉の谷戸の植物たちの命の息吹を糸に託して、織る、編む、組むの毎日。
そんな糸へんの手仕事をご覧いただきます。
身近な植物を用いた草木染めを中心にした、手織り、手編みのショール、マフラー、バッグ、アクセサリー、オーナメントなど。
【作家紹介】
たなか牧子
池上えみ子
伊藤陽香

 Maff_6ogb_a01 1367198095624 Ikegami_2

 

◆ゲスト・アーティスト

Stellamarine(ジュエリー)

Wailani、ハーキマーを中心としたオリジナルのクリスタルジュエリーと原石の販売をいたします。今年は新作ハーキマーリングのセミオーダーも承ります。

【作家紹介】
・佐野武
甲府で宝石の研磨を生業とする家に生まれ、貴石・半貴石の輸入やハイジュエリーの制作に携わった後、水のようになめらかな特級の天然水晶の研磨から手掛けたジュエリー、Wailaniを発表。
また原石のままで輝きの強いハーキマーダイヤモンドクリスタルにも魅了され、同時期からジュエリー製作。
「特別な水晶」を中心に長年親しんできた天然石の美しさを生かすジュエリーの製作を続けています。

・大野右子(2018.8 逝去)
クリスタルのエネルギーワークの視点から佐野とともにジュエリーのデザイン、企画に携わる。
また、クリスタル、カードリーディング、ヒーリングフードなどで創造的な人生を送る方法を伝える活動を続けていた。今回はその仕事の軌跡をたどります。

Wintergift1 Wintergift2

ロケットバナナ(稲穂の注連飾りと同じ農家さんのお米)

身近なものをなんでも「素材」として、新しい命を宿らせる。そんな制作を続けるロケットバナナが、今年も福を呼ぶ注連飾りを出品します。台風で心配された稲穂も、庄内地方は難を逃れたました。

「稲穂が黄金色になると『今年も無事に過ごせた。』と、思うと同時に来年に向けての、冬に向けての準備をしなくては。とも思う北国暮らしも6年目です。今年も稲穂の準備が出来ました。また1年無事に実り多く過ごせるように頑張って作ります。」

Kakinuma03 Image2

望月麻里(ステーショナリー)

画家として活躍する望月麻里のオリジナルポストカード、ホールマークのステイショナリー(望月麻里 原画)、絵本(サイン入り)、蔵書票、他を販売します。「花」をモチーフに描き続ける作家の花への独特の眼差しを感じてください。

【作家紹介】
画家・グラフィックデザイナー

東京藝術大学美術学部 絵画科日本画専攻卒業。
岩絵具や膠、墨などを用いて平面作品を制作、発表を続ける。

伸びやかな線描の色鉛筆画は、絵本の挿絵、料理家 辰巳芳子氏 著書の挿絵、米国老舗文具メーカーHallmarkのステイショナリー原画などに展開されている。2019年3月〜4月 イタリア・ローマにて個展開催。鎌倉市在住。

Img_3072 Gracefulflower

大仙養蜂園(はちみつ)

三浦半島の小網代の森で養蜂を行う飯倉剛氏の大仙養蜂園。その「地の味」を感じさせてくれる優しいはちみつを、ぜひ体験してください。大切な方へのプレゼントもよし、ご自分の贅沢のためもよし。

Iikura


◇やまがら工房
(リース)
「子育ての中で、鎌倉の山や海でステキな拾い物をすることが多く、気づけばビンや箱に木の実や貝殻がギッシリ。そんな時に木の実のクラフト「トロッケンクランツ」に出会いました。集めた木の実が作品に仕上がっていく楽しみにすっかりハマり、この夏デビューした、かけだしのトロッケンクランツ作家です。」という、やまがら工房の作家・阪口泉。その鋭い自然観察眼による造形をお楽しみください。


Image3 Image1_20191117132601

 

◇その他
エサシトモコの「カオデカクン」カレンダー
高月美樹の「和暦手帳」・・・など。

 

※カードやラッピングアイテムもそろっていますので、お求めいただいたものは、その場でプレゼント仕様にできます。また、その場で国内外への郵送手続きもいたします。送られる方のご住所など、ご持参くださいませ。

 

 

| コメント (0)

八原忠彦記念 Vol.2 ゆらの会 特別編

Img_3195 Kopiluwak

一昨年9月6日にご逝去された八原忠彦さんを記念して、八原さんが主催してくださっていた「ゆらの会」を特別に復活させます。
八原さん直伝の入れ方で、カジュ祭スタッフが美味しいコーヒーをご用意してお待ちしております。

ゆらの会 特別編 〜珈琲でホッと、人生を語ろう〜

【日 時】10月6日(日)13:00~16:00

【参加費】おひとり500円。
【持ち物】好奇心とあればお気に入りのマイカップ
【場 所】カジュ・アート・スペース 鎌倉市二階堂57-1  0467-23-3663



故・八原忠彦さんの言葉

「ゆら」は、万葉集にある「足玉も手玉もゆらに織る服を君が御衣に縫ひもあへむかも」の「ゆら」、また「玉響(たまゆらに)昨日の夕見しものを今日の朝に恋ふべきものか」の「ゆら」の意を含んでおります。「たまゆら」は現代でも、小説、ドラマをはじめいろいろな場面で使われております。

「ゆら」を広辞苑で引きますと、「玉などが触れ合って鳴る音」とあります。ずいぶんと殺風景な語釈ですが。同じく「たまゆら」は、「玉が触れ合って奏でるかすかな音」とあります。いずれの場合も。美しい玉が触れ合って奏でるかすかな音、かすかであっても美しく妙なる音、万葉人の日常にあった音なのでしょう。「玉」は「霊」に通ずるという考え方もあるようです。

理屈はともかく、ゆらゆら、ゆったり、のんびり、気ままに、といった雰囲気を「ゆら」という言葉から感じていただければ幸いです。フラッと気楽にお立ち寄りいただき、あれやこれやと広がる話題と人との出会いを愉しむ場、そんなことをイメージしております。
月に一度の暫しの時間ですが、どうぞお立ち寄りください。
珈琲はこれまでと同じです。

八原忠彦(やはらただひこ)

5

高校卒業まで山陰の町で暮らし、大学入学で横浜暮らし、その後鎌倉に定住(北条氏常盤邸跡付近)。
大学では、人の営みとしての経済への関心からヨーロッパ経済史を専攻。近代化論や市民社会論をかじる一方、ロシア文学や日本文学に遊び、時には哲学書をひもとき、最終的には経営史(当時は未だ黎明期)の研究を志すもあっさりと放棄。ご縁によりシンクタンクで仕事をすることになり、スーパーコンピューターにほんの少し触ったりしながら、いわゆる調査研究、提言を続けて十数年。これもご縁により(学)産業能率大学に籍を置いて経営コンサルティングや企業内教育に従事(二十数年)。またまたご縁により淑徳大学国際コミュニケーション学部で学生教育に携わり、経営戦略論、経営組織論、マーケティング論などを講じて(約6年)後現役引退しました。この間まことに多くの方々にめぐり合い、学び、触発される人生でした。そうしたことどもを土台にして、人間の生き方、世の在り方を考えてみたいと一念発起、「ゆらの会」開設に行きついた。豆を挽いて珈琲を味わう生活を続けておよそ40年。

※その美味しいコーヒーの香りに乗せて、カジュ・アート・スペースでは8年もの長きに渡って、楽しい語らいのサロン「ゆらの会」を運営してくださいました。集う人々の思わぬ本音トークを引き出す名ホストでした。(2017年9月6日ご逝去)

| コメント (0)

第1回 自費出版即売会(2019日本自費出版フェスティバル)

Img_3444 Img_3437_20190909144001
(第19回フェスティバルより)

筆者がその出版にあたって、一部または全額費用を負担する出版物を「自費出版物」といいます。
その自費出版の本を対象に開催される「日本自費出版フェスティバル」。一般社団法人日本グラフィックサービス工業会(JaGra)が主催し、NPO法人日本自費出版ネットワークが主管する日本自費出版文化賞の授賞式を兼ねたこのフェスティバルで、過去の入賞作品を中心にした即売会が行われます。手に入りづらい各分野の貴重な本が著者とともに登場です。

第19回でエッセイ部門賞をいただいた「鎌倉染色彩時記」とともに、たなか牧子も会場におります。(鎌染は当日は消費税をサービスで販売いたします!)

「ここでしか出会えない一冊」にぜひ、会いに来てください。今年度受賞者のスピーチ、無料セミナーもあります。

◆日 時◆2019年10月13日(日) 12:00〜16:30

◆場 所◆アルカディア市ヶ谷(私学会館)

◆内 容◆
・第22回自費出版文化賞授賞式
・即売会
・12:30〜13:00 自費出版アドバイザーによる「ワンポイントアドバイスセミナー」(無料)

 

0201

| コメント (0)

2019年度 手紡ぎ講座

Spinning01 Spinning02

 

=============================
   糸紡ぎは一生の友
=============================
羊毛の性質を知り、「糸を紡ぐ」・・・。
その最も根源的な仕事を通し、手でモノを作る意味を問い直してみませんか。
スピンドルからホイール、羊毛からシルクの紡ぎまで。
また、600種いるといわれる羊毛について学びます。

◆ 全12回 14:00〜16:00
【前期】10 / 12, 26     11/ 9, 30     12 / 7, 21
【後期】   1/ 11, 25      2 / 8, 22      3 / 14, 28

【受講料】
・前期(10月納入) ¥24,000 (友の会会員 ¥21,600)
・後期( 1月納入) ¥24,000 (友の会会員¥21,600)

【別途料金】
・スピンドル代¥1,900 
・カーダー代  ¥8,500
・羊毛代/実費

【お問合/お申込】カジュ・アート・スペース(たなか)

鎌倉市二階堂57-1
メールはこちら。
0467-23-3663

| コメント (0)

'19夏・秋1dayワークショップシリーズ

カジュ・アート・スペース恒例の1日ワークショップ週間。
今年も楽しいラインナップです!

お申込みは、ご希望の講座、お名前、ご連絡先をお電話、FAXまたはメールでお送りください。
準備の都合上、お申込みは開催の3日前までにお願いいたします。

また、直前キャンセルは参加費をいただく場合がございますので、予めご了承ください。

追加のワークショップ情報は随時掲載いたします。


[お問合せ・ご予約]
t/f 0467-23-3663  メールはこちら。

◆好きな柄の布で御朱印帳作り 手製本講座  Miwa
◆7/14(日) 10:00 〜 13:00

蛇腹折り手製本で、お好きな布を表紙に仕立てる御朱印帳作りをします。
布は、数十種類の柄からお選びいただけますが、お気に入りの柄や思い出の布をお持ちいただくこともできます。
全て自分の手で特別な一冊を作ってください。
さあ、自作の御朱印帳を携えて寺社巡りです!

Miwa Goshuin16

◇参加費
 一般¥5,000 友の会会員¥4,800
 ※表紙用布付きです。柄により別途料金あり。お手持ちの布でも参加費は同じとなります。
◇対象年齢 中学生以上
◇持ちもの 使用したい布がある方はお持ちください。
◇講師 / Miwa(林美和)
鎌倉在住。
東京芸術大学デザイン科卒業。印刷会社アートディレクターを経て現在、クラフト作家講師。主に、御朱印帳作り、アクセサリー作り、親子向けワークショップ等開催。
FBアカウント

◆New草木染め入門 たなか牧子
◆7/21(日)・8/9(金)・8/31(土)・9/6(金) 10:00 〜15:30
自然から美しい色をもらいましょう。身近な草木を煮出して風呂敷、 スカーフなどを染めます。
草木染めの基礎・家庭で安全に染められる方法が学べます。
簡単で楽しい絞り染めのテクニックも!

Img_3344 Img_3132

◇参加費 一 般/¥3,500+材料費  友の会会員/¥3,200+材料費 
     小・中・高校生/ ¥1500+材料費
※「鎌倉染色彩時記」クラウドファド・リターン券、路地フェススタンプラリー商品券使えます。
講座内容に関するお問い合わせメールはこちら
◇持ちもの お弁当、エプロン、ビニール袋、染めてみたい木綿、麻、絹のもの、ゴム手袋

◆カジュ手芸部部活   たなか牧子造形工房
◆ 7/28(日)・8/25(日)・9/22(日) 13:30 〜 17:00
しばらくお休みしていましたカジュの手芸部が復活です。
今まで1,000円だった会費が1コインに!
ちくちく、あみあみ、こつこつ、とんとん、しこしこ、いきいき! 編み物だけでなく、広くて仕事を楽しむ会に。
お気軽にご参加ください。
 
テキストもいろいろあります!

Knitforws Knit14_04_23

◇参加費 ¥500(お茶、お菓子付き)

◆New藍染めの絞り入門    たなか牧子
◆7/30(火)・8/4(日)・9/1(日)・9/16(月・祝) 10:00 〜15:30
夏にピッタリの藍の布。カジュにある藍がめを用いて藍の絞り染めの布を作りましょう。絞り技法は、伝統手法からモダンテクニックまで。自分で作る合成藍の藍ガメレシピもお教えします。

Img_5096 Img_5102 Img_5103

◇参加費  一 般/ ¥3,500+材料費   友の会会員/¥3,200+材料費
      小・中・高校生/¥1,500+材料費
      ※「鎌倉染色彩時記」クラウドファンド・リターン券、路地フェスタスタンプラリー商品券使えます。
講座内容に関するお問い合わせメールはこちら
◇持ち物 お弁当、エプロン、ビニール袋、染めてみたい木綿、麻、絹のもの、ゴム手袋。

◆筆に親しむ書道教室 一日だけの書体験   石田修朝
◆ 8/29(木)13:00 〜15:00
レギュラー教室がこの日、公開講座になります。普段は使わない筆をもって、文字を書いてみませんか?
筆を持って白い紙の前に座ると、なんだか緊張しますが、夏の暑さも吹き飛ばして、無心で筆に親しんでみませんか?

Photo

◇参加費  一般 ¥1,000  友の会会員 ¥500
◇講師 / 石田修朝  FBアカウント
◇持ちもの 習字道具、新聞紙
 ※習字道具貸し出しを希望される場合はその旨お書き添えください。

◆自分だけの天体望遠鏡を作ろう!    河合準子
◆7/31 (水) 13:00-16:00
9/8 (日)   10:00-12:30
口径4cm、倍率は35倍の屈折望遠鏡で、初めて持つ天体望遠鏡としてピッタリ。月のクレーターはもちろん、木星の衛星や土星の環も見える優れものです!完成したら、絵を描いたり好きなシールを貼ったりしてデコレーションするのもステキです!

Hama Image_1

◇参加費  一般 ¥5,160  友の会会員 ¥5,000
◇持ち物
・はさみ、セロハンテープ、木工用ボンド(速乾性ではないもの)、持ち帰り用の袋、筆記用具
◇対象年齢 小学4年生以上(それ以下のお子様でも、保護者同伴で参加可能)
◇講師 / 河合準子
日本でただ一人のプラネタリウム・プランナー。
移動式プラネタリウムや天文に関するワークショップを、ショッピングモールや水族館など様々な場所で開催し、多くの人々に星空を見上げる楽しさを広げるための活動をしている。そのためのワークショップや講演を数多く企画。
2009年の「南の島の星まつり」で移送式プラネタリウムでの星空解説をきっかけに、石垣市「星空ガイド育成事業」の講師、石垣やいま村「星空ビレッジ」講師兼ガイドや石垣島へ行く星空ツアーなど、石垣島の星空に関わる事業に携わっている。国立天文台共催「アジアの星」のメンバー。
現在、北鎌倉・たからの庭にて定期的に「星とワインの会」や「月と日本酒の会」、葉山のカフェや逗子の古本屋さんで「宙と本」、材木座海岸では、「星ヨガ」を開催。湘南ビーチFM『星空リビング』(隔週金曜日11:30〜)タウンニュース(逗子・葉山版)コラム「かわいじゅんこの星にまつわるエトセトラ」など。
FBアカウント

◆蔓の編み方を覚えよう! 小野寺直生
◆9/13(金) 10:00 〜12:30

鎌倉の里山には、いろいろな蔓(つる)が生きています。
そんな、山で採れる自然の蔓を使って基本の編み方を覚えます。基本がわかれば大きなカゴも作れるようになりますよ。当日は、20cm位の小さいカゴを作ります。

Onodera Onodera02

◇参加費  一般 ¥2,500 友の会会員 ¥2,300
◇持ちもの あればラジオペンチ(なくてもOK)、エプロン
◇講師 / 小野寺直生
東京出身。デザイン広告制作会社勤務を経て、結婚後鎌倉に移住。鎌倉彫皆伝取得後、制作休止中にツル編みに出会い、自分流を試行錯誤中。

 

| コメント (0)

«シンジさんの快医学講座