第22回カジュ祭

Roji01  Roji02 Roji03

カジュ・アート・スペースが主催する、ゴールデンウィークの恒例行事。
「第13回鎌倉路地フェスタ」の一環で実施です。

4/28日(土)・29日(日)・30日(月・祝)  10:00〜16:00

◆各教室デモンストレーション
カジュ・アート・スペースの教室の作品発表、公開レッスン

◆地域アーティストの作品展示即売&ワークショップ
ものつくりの館、カジュ。あらゆる作家が棲んでおります。それぞれの作家の深い息遣いと積み重ねられた時間の結晶を、作家たちと語らいながらご堪能ください。また、楽しいワークショップ、パフォーマンスもお楽しみいただけます。

◆わくわくゾーン
ワークショップあり、マッサージあり、あとは何が飛び出すやら?!

◆裏庭カフェ
裏庭の石釜で焼きたてピザ! ドリンクバー! その他手作りの美味しいものたくさん!

◆地域情報交換コーナー
鎌倉市周辺の様々な地域情報、街ネタを一気にゲットしよう!
情報交換にもお役立ち。

参加者名
4/28
(土)
4/29
(日)
4/30
(月)
フード
掛田商店
鎌田クッキングスタジオ
クルアノック
こにまるカフェ
みぎこさんのドリンクブース
敏子さんのパウンドケーキ
木古庭ノ農芸社
YavaS農園
典子食堂
ヘルシー菓子 makimekko
ゆら・コーヒーブース
ワークショップ
植木屋大島
Natural Herb
mar  加田 洋子
古市子ども造形
あさのさゆり
チームもぐさん
山口 功
パフォーマンス
アンダンテ・
ピアノ・ストゥーディオ

NAOMI☆ヴォーカル

(ア・公開))

(合同演奏)
岩城里江子
ヤマさん
クロスステッチ
センエツナガラ
デバダーラ
小林徹也
紙芝居師なっちゃん
展示・物販
伊藤 陽香
池上えみ子
糸へん便り通販部
大仙養蜂園
カジュ手芸部
北鎌倉コットン
木の生活道具(志村マコト)
SABIA
小宮商店
いとつむぎ
竹林昌代
たなか牧子造形工房
たなか 牧子
ときわ工房
波多周建築設計
井川弘美/写真
ブーケ ド ローズ
北汎工房
筆に親しむ書道書道教室
たけちゃんの古道具市
南屋
ラーガマラ / インド雑貨
みちよさんのタネタネ市場

※まだ参加日時が未定の参加者、飛び入り参加者につきましては、随時更新いたします。

| コメント (0)

斉藤佳代 × たなか牧子 二人展

Photo Img_5512

日本画・斉藤佳代と、染織・たなか牧子が「植物」をキーワードに空間を彩ります。
長年、身近な花々の息遣いを画紙に写してきた斉藤と、季節季節の植物を染料として糸を染めて織ってきた たなか。それぞれの辿ってきた小径が11日間、交差します。お誘いあわせてお出かけください。

※本企画は第13回鎌倉路地フェスタの一環で行われます。

斉藤佳代 × たなか牧子 二人展  〜はなの径〜

【日 時】2018年 4月27日(金)  - 5月5日(土)  12:00 〜 18:00

【場 所】Gallery ジ・アース   鎌倉市雪ノ下1-6-22    ☎ 0467-25-5235
Photo_2

Kayoportrait600

斉藤 佳代 Saito Kayo

1965年
・神奈川県鎌倉市生まれ
1988年
・武蔵野美術大学日本画学科卒業
1990年
・奥村佳代 / 関田比佐子展:ギャラリー21+葉) ・春季創画展:日本橋高島屋( ’93, ’94, ’97, ’98, ’00, ’01, ’03, ’05 春季展賞 ’03 )
1992年
・創画展 :東京都美術館他( ’93, ’01, ’03, ’04 )
1994年
・奥村佳代 / 関田比佐子展:ワコール銀座アートスペース
1995年
・碧の会:川上画廊、川崎西武
1995-6年
・イギリスに滞在
1997年
・個展:画廊春秋
1998年
・三菁会:横浜三越 ( ’99 )
・橋の会:日本橋高島屋 ( ’00, ’01, ’02, ’03 )
・はまゆうの会 岡村まゆみ 斉藤佳代 蓬田阿哉 :銀座スルガ台画廊
( ’05, ’07, ’09 , ’11, ’ 13, ’ 15, ’17)
・「新春を飾る」展:横浜高島屋
・「表装の愉しみ」展 :ギャラリー俊
・「数寄和の扇子」展:数寄和大津
・斉藤佳代・関田比佐子「はるのゑ」展:数寄和大津
・「手すきの紙と遊ぶ」展:数寄和大津
2010年
・「WON=DER」展:さいか屋藤沢
・こころばえの会:森田画廊 ( ’11,’12,’13,’14,’15,’16,’17)
・「ヨコスカ 空と海」展:さいか屋横須賀
2012年
・18×14センチの絵画展:数寄和東京・大津(‘13 )
・18×14cmの世界展:横浜高島屋
2013年 
・「春の調べ」展 梶岡百江 斉藤佳代 関田比佐子 山名しおり:数寄和大津・東京
・斉藤 典彦 / 佳代展:森田画廊
2014年 
・「新春万福お年賀展」:FEI ART MUSIUM YOKOHAMA
・漣の会:さいか屋藤沢
・「秋の調べ」展 梶岡百江 斉藤佳代 関田比佐子 山名しおり :数寄和大津・東京
2015年
・榛の会 梶岡百江 北村さゆり 斉藤佳代 関田比佐子 中村桂子:小田急百貨店町田店
2016年
・「歩く詩人 ワーズワースと芭蕉」展:伊丹市柿衛文庫
・「あなたのためのカレンダー」展:うしお画廊( ’16,’17)

--------------------------------------------------------------------------------

Portrait_for_wix

たなか牧子 Tanaka Makiko

1988 
女子美術大学芸術学部産業デザイン科工芸卒

1990〜94
女子美術大学芸術学部工芸科助手

1995〜
たなか牧子造形工房 主宰

1997〜
Khaju Art Space 主宰

2006〜
鎌倉路地フェスタ プロデュース 

鎌倉の里山から季節季節に植物を採取、そこから恵まれる色を糸に移して機に向かう日々。「布を生み出す」は、人間にとって根元的な仕事であること、身近な自然の恵への知識と理解を深め、自らの「手」を鍛えることによって、豊かな生き方を実践できることを実感している。

18年に及ぶ鎌倉の植物の染色見本づくりは、現在400種を越え、その植物染色のエピソードはブログ「鎌倉染色彩時記」に掲載。2015年に出版、第19回自費出版文化賞エッセイ部門賞受賞。

2017.012  ふゆのおくりもの展   (鎌倉・カジュ・アート・スペース)
2017.012  個展「伊と彦と帯vol.2」(鎌倉・京都「伊と彦」鎌倉店)
2017.011   冬のおくりもの展   (柏・器処 くり原)
2017.05    個展「伊と彦と帯」(鎌倉・京都「伊と彦」鎌倉店)
2017.04    「水と風と生きものと」上映 とトーク会 (鎌倉・生涯学習センター)

2016.12 ふゆのおくりもの展   (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2016.11  第24回 全国染織作品展 意匠賞 受賞

2016.08  個展 鎌倉染色歳時記出版記念展「韻鏡」Vol.2  (長野・からこる坐)

2015.12 ふゆのおくりもの展   (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2015.11 個展 「鎌倉染色彩時記」出版記念展「韻鏡」(鎌倉・TUMUGI)

2015.11 クラウドファンドにより「鎌倉染色彩時記」出版  (発行: オフィスエム )

2015.06 グループ展「節絵展」 (鎌倉・Gallery FLAT)

2014.12 ふゆのおくりもの展  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2013.12 ふゆのおくりもの展  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)​

2012.12 ふゆのおくりもの展  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2011.10 Autumn Show '11 (鎌倉・三条屋大谷商店)  
   
2011.12 ふゆのおくりもの展  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2010.12 ふゆのおくりもの展  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2009.12 ふゆのおくりもの展  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)
  
2009.07 花樹ぶらんど夏の展示会 (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2008.12 feltworks in FACTORY -  letter to you -  (鎌倉・CAFE FACTORY )

2008.11 三条屋・冬のこらぼ展  (鎌倉・三条屋大谷商店)

2008.10 『三条屋+花樹庵』展  〜器と布と、やさしい時間〜  (鎌倉・三条屋大谷商店)

2008.07 花樹ぶらんど夏の展示会  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2007.12 ふゆのおくりもの展

2007.10 ウテ・エリザベス・ヘルウィグ+たなか牧子二人展 -Verbindungen"・ 絆 - (東京・ドイツ文化センター)

2007.10 トラーベ・アート・フェスティバル2007 in 鎌倉  (ドイツ共和国大使館・鎌倉市ほか後援     出展およびプロデュース)

2006.12 GIFTS by artists   〜 作家さんの贈り物展 〜  (鎌倉・カジュ・アート・スペース、手仕事工房"丹")

2006.06 個展 「六月の散歩道」(手仕事工房"丹")

​2005.12 GIFTS by artists  〜 作家さんの贈り物展 〜   (鎌倉・カジュ・アート・スペース、手仕事工房"丹")

2005.08 トラ−ベ・アート・フェスティバル2005 (ドイツ、 ロックフェルド)   
  (国際交流基金派遣事業 出展および共同プロデュース) 

2004.11 第18回全国シルク博物館染織展 日本真綿協会会長賞

2004.11 ちまちま展ーちょっとナイスなクラフト6人展
(ko'da style/takaneco/吉田真理子/Joy Y. Suzuki/池上えみ子/たなか牧子)  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

2004.12 PLANT'S WITER COLLECTION (横浜・ギャラリー インターナチュラルガーデン プランツ)

2004.10 日本民芸館展 入選

2004.10 花樹ぶらんど "秋の素材展"

​​2004.09 3人展「のむらあずさ×たなか牧子×尼子恵巳展」- 包・PAO -
(横浜・ギャラリー インターナチュラルガーデン プランツ)

2004.07 花樹ぶらんど展示会 "タイパンツをはこう!"

2004.06 個展 「シカクイ布」(鎌倉・アトリエ・キカ)

2004.03 花樹ぶらんど展示会 "春の素材展"

2003.09 たなか牧子・エレーナ・ベルトロ2人展
(外務省主宰「ロシアにおける日本年」イベント・国際交流基金派遣事業 ロシア ノボシビルスク市 ル・ボールギャラリー)

2002.05 個展〜その繊のつなぐもの〜(逗子・ニライ・カナイ)

2002.03 布雑貨ブランド "花樹ぶらんど  - Natural & Comfortable - " 設立

2001.11 個展 (藤沢・ギャラリーGAZEBO)

2000.11 第16回全国シルク博物館染織作品展 奨励賞 

2000.10 高嶋美枝子+たなか牧子2人展 (鎌倉・アトリエ・キカ)

2000.06 個展 (鎌倉・蝶や)

1999.10 個展 (原宿・寿々木)

1999.06 個展 (鎌倉・アトリエ・キカ)

1998.11 4women's Craft Exhibition (鎌倉・ギャラリー吉田)

1998.09 武藤起一事務所制作、シネ・アミューズ配給映画「アベック・モン・マリ」に作品協力

1998.10 個展  (鎌倉・アトリエ・キカ)

1997.10 個展  (鎌倉・カジュ・アート・スペース)

1996.05 個展 "Woven into NECKWEAR" (葉山・はーふかっぷ)

1993.10 染織6人展--TAMAGO vol.4--  (渋谷・べにやぎゃらりぃ)

1993.04 第67回国展入選

1991.04 第65回国展入選

1990.10 TXTILE1990--鎌倉市教育委員会企画展-- (鎌倉・中央公民館)

1990.10 染織6人展--TAMAGO vol.3--  (渋谷・べにやぎゃらりぃ)

1990.04 第64回国展入選 ​

1989.10 染織5人展--TAMAGO vol.2-- (渋谷・べにやぎゃらりぃ) 

1989.07 染織5人展--織と染が奏でる音の世界-- (鎌倉・Gallery E'space) ​

1988.10 染織5人展--TAMAGO vol.1--  (渋谷・べにやぎゃらりぃ)

| コメント (0)

呼吸の時間〜躰と心を調律する呼吸法〜3月

14117680_1436250863056692_610844197 14117839_1436250973056681_585881608 Eiko_kokyu

【呼吸の時間とは】

息は自分の心、自心を吸って生きている。もっと大事にすれば、もっとより人生を豊かに健康にしてくれる。
この講座では、ご自身の躯、心、魂を呼吸で調律し、三位一体にして日々の生活の質(Quality of LIFE)の向上現代ストレス社会とより上手につきあっていくための呼吸法を学びます。

【レッスンについて】

躰の良い姿勢と心の持ち様が良い呼吸を生みます。
まずは、ご自身の骨身を知ってもらうことを重視し、基本は1時間ほど躯を整えることをします。
そして、呼吸法の為の呼吸法と身体操作と躯を更に高める為の身体稽古もします。(ストレッチやトレーニング)

・レッスンの様子はこちら。

【日 時】

◎1回以上参加したことのある経験者対象
   3月6日(火)
・ 19:00〜21:00
※初心者の方はご相談ください。

【お問い合わせ / ご予約】

・カジュ・アート・スペース →メール
・栄幸 →メール

◇参加費  一般 / ¥5,000 カジュ友の会会員 / ¥4,500

◇持ちもの 飲み物、タオル。動きやすい服装でお越しください。(ジーンズは不向き)

◇講座内容に関するお問い合わせメールはこちら

◇講師 / 栄幸
北海道を拠点に全国で呼吸と心躯と向き合う時間を自身のオリジナルボディメソッド carnis を通して活動中。
FBアカウントはこちら

Eiko_port

| コメント (0)

かまくら男女共同参画セミナー

Portrate_for_wix02

『古民家で紡ぐ鎌倉の色染織家たなか牧子さんに学ぶ鎌倉と共に生きる暮らし』

鎌倉市・かまくら男女共同参画市民ネットワーク「アンサンブル21」の主催で、たなか牧子のおはなし会をさせていただくことになりました。
「染織工房の古民家で、家庭も仕事も豊かになる暮らし方・働き方について」話してください、とのことなので、みなさんとたのしく過ごせるよう、準備させていただきます。
工房での手づくり体験もあります!

日 時:平成30年3月4日(日) 午後2時~3時30分
場 所:カジュ・アート・スペース 鎌倉市二階堂57-1
講 師:たなか牧子(染織家 カジュ・アート・スペース主宰 鎌倉路地フェスタ実行委員長)

【定 員】 30人(先着)

【対 象】 鎌倉市在住・在学・在勤の方。性別は問いません。

【受講料】 無料

【申込方法】 
以下の内容を、申込先の電話・FAX・メールのいずれかにご連絡ください。
≪講 座 名≫  古民家で紡ぐ鎌倉の色
≪代表者氏名≫
≪参加人数≫   名
≪連絡先電話≫
鎌倉市役所から受講決定の連絡がきましたら、受付完了となります。
お申込から3日以上経っても連絡のない場合は、お手数ですが、お電話にてご連絡ください。

【申込先・問合せ先】
鎌倉市役所 文化人権推進課 人権・男女共同参画担当
〒248-8686 鎌倉市御成町18-10
電話:0467-61-3870(直通) 
FAX:0467-23-8700(代表)
Emailはこちら

【講師】
たなか牧子 プロフィール
たなか牧子造形工房主宰。染織家。
女子美術大学産業デザイン科工芸(現・工芸科)卒。
同芸術学部工芸科助手を経て、たなか牧子造形工房開設。
1997年より鎌倉市二階堂の古民家で、染織工房を備えた総合アート施設カジュ・アート・スペースを主宰。
国内外で個展、グループ展多数。
2006年より地域振興イベント「鎌倉路地フェスタ」をプロデュース。立ち上げ時より現在まで、実行委員長としてイベントを率いる。
2015年出版の著書『鎌倉染色彩時記 千年続く古都の色と植物の物語』(オフィスエム刊)は、第19回日本自費出版文化賞「エッセイ部門」受賞。

【主催】
鎌倉市・かまくら男女共同参画市民ネットワーク「アンサンブル21」

「かまくら男女共同参画セミナー」について
鎌倉市では、かまくら市民ネットワーク「アンサンブル21」と協働で、男性も女性もお互いを対等なパートナーとして尊重し合う男女共同参画社会の実現に向けて、さまざまな活動を行っています。

☆個人情報保護方針☆ 
皆さまからお預かりする個人情報に関して、お申込の講座運営及びそれに関わる連絡以外の目的には使用しません。

また、個人情報を無断で第三者に提供することはありません。

| コメント (0)

和暦事始め〜江戸文化から陰陽の法則まで〜

26755023_1978406392173073_144403390 26753869_1978400372173675_157140487

私たちが現在使っているカレンダーは、西洋暦をもとにした太陽暦。でも、日本にはもともと独自の太陽太陰暦(和暦)があり、月の動きが今よりもっと生活に根ざしていました。
そして、かつて園芸大国だった日本。花や鳥、季節の風物を感じる天才でもあった日本人の感性は、まさにセンス・オブ・ワンダーの世界です。その世界と和暦の五日毎に変わる「七十二候」、十日毎に変わる「旬」とともに、月の満ち欠けの波、季節の波を感じてみませんか。
すべては寄せては返す波のように、昼と夜、太陽と月がこの地球のいのちを連綿と育んでいます。和暦の基本を知りたい方にもおすすめの講座です。

【日 時】  2月24日(土)13:30〜16:00

【講習料】
◆ 一 般        3,800円
◆カジュ友の会会員3,600円 
◇2018年版「和暦」の販売もあります。

※席数に限りがございます。ご予約はお早めに。なお、直前のキャンセルの場合、講習料を頂く場合がございますので、ご了承くださいませ。

【会場 /お問合 / お申込】
 カジュ・アート・スペース (アクセス)
メールはこちら
講座内容に関するご質問はこちらにメールを。

◆講師 / 高月美樹

たかつきみき

21105503_1826372324043148_761470206

クリエイティブ・ファシリテーター。地球の呼吸を感じるための生態系手帳『和暦日々是好日』編集・発行人。和の技法と時間の概念から自分軸を確立する未来の生き方を提案する。日本CI協会講師。『にっぽんの七十二候』(エイ出版)監修。『婦人画報』付録・幸福を呼ぶ和ダイアリー監修。

| コメント (0)

«陣内雄LIVE 〜森のおくりもの〜