« フェルト入門講座 | トップページ | 第3回鎌倉路地フェスタ、始動! »

フェルト入門講座・レポート

2月10日・11日は「フェルト講座・入門編」が行われました。アクセサリーに使えるいろいろな形のフェルトボールの作り方と、小さいポーチを作るカリキュラムでした。

ご参加いただいた方は、みなさんフェルトを作るのは初めてということでしたが、とても手際がよく、時間があまってしまいましたので、予定になかった「石をつかったペーパーウェイトづくり」も行いましたよ。

日本人とウールの付き合いが本格化するのは明治以降。岩手県盛岡にやってきた宣教師がホームスパン(手紡ぎ糸による織り)を伝えたのが始まりと言われています。ですから、盛岡は今でもホームスパンの活動が盛んで、ご当地の指物師さんは、カーダーと呼ばれるホームスパンの道具(繊維を梳くブラシ)を作れるんですよ。

600以上種類がいて、毛質もさまざま。フェルトづくりには、繊維の細い、長めのものが向いています。お手頃なのはコリデール、ちょっといいのならメリノがおすすめ。

フェルトは、羊毛に「熱」「アルカリ」「摩擦」を加えることでできます。他の繊維には見られない羊毛の特徴で、とても可能性を秘めた素材だと思います。

石に羊毛をまんべんなく巻き付けて、ストッキングでくるみ、
Feltws0802_03
石鹸水をつけてしばらくなでてると、このとおり。
Feltws0802_04
アクセサリーのパーツやポーチも!
Feltws0802_01

今度は、スリッパや帽子を作ってみましょう!

« フェルト入門講座 | トップページ | 第3回鎌倉路地フェスタ、始動! »

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェルト入門講座 | トップページ | 第3回鎌倉路地フェスタ、始動! »