« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

湘南アトリエ散歩

Book01 Book02

長年カジュの活動を温かい目で見ていただき、私の染織の仕事にも深い理解を示してくださっている、葉山在住のライター、クノヤスヒロさんが、先頃、とても素敵なご本を出されました。

「湘南アトリエ散歩」。鎌倉、逗子、葉山から、茅ヶ崎に至る湘南地方で活動するモノ作りたちを、クノさんの目線で編み上げた、作家紹介の本です。
その一人に、クノさんに選んでいただきました。
私が語った言葉のひとつひとつが、さらに別の輝きを放って、文字になった様を見るのは、作家冥利でございます。

湘南のたのしい作家たちの活動を、一望していただけるこのご本に参加させていただいて、本当にうれしく思います。
これからも、地域を大事にしながら精進して参ります。

クノさん、ほんとうに、ありがとう。

| コメント (0)

エクトル・シエラ 特別講演 & ポエトリーリーディング

Sierra

第3回 鎌倉路地フェスタ 主催

Logo

エクトル・シエラ

特別講演 & ポエトリーリーディング

「平和って、なに?」

' アート' で戦争被災地の子どもたちを救済しているエクトル・シエラ氏。
映像作家であり、作家、詩人でもある同氏の、アートを通じた国際支援活動の様子を、ご自身が アフガニスタンで制作された映像の上映とポエトリー・リーディングを交えて語っていただきます。

◆ 日 時 ◆ 4月27日(日) 18:30 〜

◆ 会 場 ◆ 鎌倉宮 鎌倉市二階堂154

◆チケット◆ 大人 500 円 高校生以下 無料

◆お申し込み・お問合せ◆

鎌倉路地フェスタ事務局(カジュ・アート・スペース内)

t/f 0467-23-3663 メールはこちら

※お問合せは、鎌倉宮にはなさらないでください。

エクトル・シエラ (Hector Sierra)

1964年、コロンビア生まれ。
旧ソ連キエフ大学映画監督学科卒。94年に来日し、その後日本大学大学院、修士・博士課程で勉強。
コソヴォ紛争中、旧ユーゴスラビアへのNATOの空爆をきっかけに、NGO「国境なきアーティスト たち」を設立し、戦争被災地での国際支援活動を開始。 2004年にはNHK「スペイン語会話」に レギュラー出演。現在 Tokyo MX TV「モーニングサプリ」にてコメンテーターを務めている。
著書に「国境なきアーティスト」(寺子屋新書)、「あの日のことをかきました」(講談社)、 「なけない ちっちゃい かえる」(すずき出版)、「だっこして」(佼成出版社)などがある。

「国境なきアーティストたち」

| コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »