« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

Khaju Winter Gift Show 2008

Pre_sample02Leg_img01 Pre_sample01

〜大切なあの人に、とっておきのなにかを見つける11日間。

12月4日(木)〜14日(日) 10:30〜17:30

カジュ・アート・スペース恒例の冬の贈り物展示会です。
大切なあの人に、自分へのご褒美に、イイモノ見つけにきてください。

花樹ぶらんど(手織り、手染め、各種布小物他)
たなか牧子
池上えみ子
伊藤陽香

◆ゲスト・アーティスト

グラスビーズ工房ぐりぐら(とんぼ玉)
・ガラスを溶かして作ったとんぼ玉と、そのとんぼ玉を使ったアクセサリーや小物など。

[プロフィール]
2002年 とんぼ玉制作開始。
2006年2月 「グラスビーズ工房ぐりぐら」として工房をオープン。

Gurigura01 Gurigura02

L'accent(ラクソン)(スイーツ et クリエーター) 6日・7日
・冬にうれしい焼き菓子、ほろほろっとしたまんまるクッキーやバターケーキなどのプティ・スイーツをご紹介。

[プロフィール]
フランス在住。フランスと神戸の往復生活。学生時代に訪れ、魅了された地フランスで広告デザイン科卒業。現地フランスで5年ほどパッケージデザイナーとして勤務。お菓子のデザインを手がけたく、製菓衛生士修得。神戸・岡本でフレンチ・テイストのStudioで「暮らしの中のお菓子をいただく小さな幸せ」をキーワードにスイーツのワークショップSweets lesson Cafe Timeを主催。活動内容にスイーツコーディネートやレシピ開発、デザイン。

Hashimoto01 Hashimoto02

のむらあずさの帽子CHeeRA(帽子作家)
・お出掛けが楽しくなる暖かくてちょっとお洒落な冬の帽子。レディースに加え可愛い子供の帽子も揃えてお待ちしています。

[プロフィール]
女子美術大学で染織を、多摩美術大学大学院で現代デザインを学んだ後に帽子制作を始める。平面の布が裁断・縫製して次第に立体の形が生まれてくる制作過程の面白さと、その帽子が誰かが被る…
帽子と作家、帽子と被る人、作家と被る人のコミュニケーションを自分の仕事に感じている。
現在は個展・グループ展・ショウなどで帽子を発表。来年春からはガンプスギフトギャラリー(池袋東武百貨店など)で帽子が展開される予定。

Hat_1 Hat_2

◇その他
カジュゆかりのミュージシャンたちのCD、USHIOのオリジナルカレンダーなど。

※カードやラッピングアイテムもそろっていますので、お求めいただいたものは、その場でプレゼント仕様にできます。また、その場で国内外への郵送手続きもいたします。送られる方のご住所など、ご持参くださいませ。

| コメント (0)

11月のニットカフェ

明日日曜は、恒例のニット・カフェです。

◆【速報!】ニットカフェ 11月 たなか牧子造形工房
11月23日( 日) 13:00 〜 17:00
緑に囲まれた静かな古民家で、 手持ちの編み物道具、糸などを持参し、たのしく、おしゃべりしながら編み物を たのしみませんか。
ベテラン・ニッターOさん、Tさんの 漫才トークが大評判!
たなか牧子造形工房の手紡ぎ・手染め糸もご購入いただけます。テキストも揃っていますので、その場でコピーもしていただけます。
◇参加費1000円(お茶、お菓子付き)
◇この日にお越しいただくと、ニットカフェに参加されなくても、カジュのオリジナル手染め糸が、どなたでも会員価格でお買い求めいただけます。

04asozai1

| コメント (0)

【身体調整】を、お試ししてみませんか?

3ヶ月に一度開催されている、Tamuratecの「カラダ調整講座」です。

【身体調整】というのは、広義の意味でいえば「整体施術」に分類できるかとは思いますが、その実質的な趣はだいぶちがうと思います。
端的にいうと、カラダというのは、「一人一人が全力で生きるためのベース」であり、【身体調整】というのはそのベースのコンディションをより根本的に高めていく技術だといえます。

人間には基本的にケガ、あるいは病気などから自然に回復する能力というものがあります。

たとえば、転んで膝を擦りむいたとしましょう。
その膝に、たとえば塗り薬を塗ったとします。さて、その膝の傷は、なぜ良くなるのでしょう?

薬が傷を治している?
いえいえ、薬は主に殺菌することで回復を助ける作用。

実際は、あなたのカラダが治しています。

この「カラダの治す働き」が、よくいう自然治癒力という働きにあたりますが、この働きが健全であるためには、いくつかの重要な要素があります。

たとえば、内外のあらゆる情報を統御していく脳がうまく機能することが必要です。
その脳が健全な働きをするために重要なのが、背骨です。

脳から全身への指令、あるいは全身から脳への連絡の通路は背骨であり、背骨の状態のよしあしで「カラダを治す働き」自体が左右される、といってもいいかもしれません。全身の筋肉、関節、内臓、そのすべてに背骨が関わっています。

【身体調整】は、この背骨を中心に全身を整える技術ですが、通常イメージされるようなグッと押したり、骨をバキバキ鳴らすようなものではありません。
ほとんどの場合、ただ背骨の上に手掌を触れているだけです。

背骨の狂いというのは一過性のものでなく、また定量化できる性質のものでもありません。しかし、ものの数分で受けている方の背骨の硬いところがやわらかく、弱々しかった部分には弾力が蘇ってきます。それによって、ごく自然に、驚くほど背骨がリセットされます。背骨がリセットされると、神経の働きや血液の流れも同時にリセットされ、心身がハツラツとした感じになってきます。

呼吸は深く、目もはっきりとして、立っていても楽になるはずです。

百聞は一見に如かず、といいますからね。

より詳しい説明は
こちらと
こちらで。

◆11月15日(土) 13:00〜15:00
◆体験料金3000円
◆先着6名さま
◇体調が思わしくないと感じている方
◇内側からの元気が欲しい方
◇おだやかな身体の調整を受けてみたい方

※「体験」という性質上、深いことはできませんので、
○医学的な重い病気の方
○セラピー関連に従事している方
○マッサージを期待されている方
は恐縮ですが、今回はお見送りください。

◆お問合せ・お申し込み
【TAMURATIC】身体操術 横浜館
主宰   田村 竜治→メールはこちら。

| コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »