« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

ニットカフェ 1月

◆ニットカフェ  たなか牧子造形工房

◆ 1/24(日) 13:30 〜 17:00

編み物道具を持参し、楽しくおしゃべりしながら編み物をしませんか?
ビギナー歓迎! 工房の手紡ぎ・手染め糸もご購入いただけます。

Knit0624 Knit14_04_23

◇参加費 ¥1,000(お茶、お菓子付き)

| コメント (0)

カラダからはじめよう! 〜ボディ・ケア4講座

あけましておめでとうございます。
新年はカラダを考えるワークショップ4講座からスタート! どれも心とカラダにやさしい、目から鱗の楽しい講座です。お誘い合わせてご参加下さい。

各ワークショップは、必ずカジュ・アート・スペースに予めご予約ください。
[お問合せ・ご予約]
t/f 0467-23-3663  メールはこちら。

※直前のキャンセル、ご連絡なしの当日の不参加の場合、参加費を頂く場合がございますので、ご了承ください。

◆お灸治療+セルフケアーのツボのお話  村山恵子
◆ 1/24(日) 10:30 ~ 16:00
お正月も過ぎて、食べ過ぎ飲みすぎの方が増え、体調不良が気になる頃。もぐさづくりWSでお馴染みの村山さんの「心にもカラダにも優しいお灸治療」を受けてみませんか。

Url Url_3

◇参加費 30分 ¥2,500(お灸お土産付き)時間はメールでご予約ください。
◇持ち物 手ぬぐいかタオル

____________________________________________

◆気功ヨガセラピー 遠藤栄理香
◆1/31(日)10:30 〜12:00
古来より伝わる心身を健やかに保つ千恵、気功八段錦と呼ばれる調身・調息・調心を図る8種の気功健康法と、ストレスマネージメントにも有効なヨガを組み合わせて、様々な角度からじっくり身体とこころと向き合い心地よく調えていきます。
自分のカラダやこころの状態を認識し、知覚していくことは本来持っている治癒力や身体の機能を引き出すことに繋がっていきます。自分のカラダに感謝をし、味わう時間を過ごしていきましょう。
老若男女、初心者の方にも安心してご参加いただけます。

Image1 Img_1428

◇参加費 ¥3,000
◇持ち物  ヨガマットまたは大きめのバスタオル、動きやすい服装(寒くない服装でお越しください)、必要あれば水分補給用のお水

<<講師プロフィール>>
NIKE公認 マスタートレーナー / ヨガインストラクター

1985年静岡県生まれ。 2005年よりティーチャーズトレーニング後、成瀬貴良氏のインド哲学講座などの経験も活かし「癒し」と「自立」をテーマに都内ヨガスタジオやお寺、病院などで本格的にレッスン指導を開始。インド中央政府科学技術産業省認定認定ヨーガ講師の傍らスポーツモデルや雑誌や広告の監修も手掛ける。

2009年より日本で3人のNIKE JAPAN公認NIKEマスタートレーナーの1人として、様々な大型イベントでヨガやトレーニングの指導も行うほか、食べることも、生活することも、すべてがヨガだと考え、青山ファーマーズマーケットやVITAMIX、COMMUNE246、西武そごうのハニカムモード、東京タワーete…とコラボレーションした食とヨガのイベントなどでもレッスンを行う。

ヨガとは、ヨガマットの上で行う特別なことではなく、日々の生活にかかわるすべてのこと。日々何気なくしている事、目に映るもの、出逢う人、起こる事。そうした日常を味わい、「いま」の経験を通して気付くことで、より自分らしくなっていく。

- NIKE JAPAN公認 マスタートレーナー
- ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(インド中央政府科学技術産業省認定)認定 ヨーガ講師
- 雑誌、書籍出演多数
- ポージング指導実績多数

____________________________________________

◆ 手作り酵素ジュース教室 大野右子
◆2/1(月)10:00〜12:30
自分仕様の酵素ジュースを手作りしてみませんか?自分で作れば自分にぴったりの酵素がたっぷり。材料はもちろん、無農薬のものを使います。

手足の先が冷える~肌の調子が整わない~風邪をひきやすい~なんとなくだるい~なんてことありませんか?ビタミンと酵素たっぷりの酵素ジュースで乗り切りましょう!

あなたの身体を作ってるのは、あなたが毎日食べるもの。
身体にいいものを食べて、不要なものを出す(=デトックスする)のが健康体作りの要です。身体づくりにも、デトックスにも、酵素の働きはなくてはならないものなのです!

手作り酵素ジュース教室では、酵素ジュースはどのように役立つのか、酵素ジュースの作り方、ご自宅での発酵・熟成・保存の仕方、酵素ジュースの様々な使い方等のをお話して、出来上がり約1リットル(約1ヵ月)分の酵素ジュースを仕込み、お持ち帰りいただきます。

酵素ジュースのご試飲はもちろん、酵素ジュースを使ったプチランチ付き!(メニューはお楽しみに!)

11030315_1234882946526819_581881344 12195965_1234882709860176_761631918

◇参加費
・樽ご持参の方    ¥4500(税込)
・ホーローご希望の方 ¥5900(税込)
◇持ちもの
・エプロン
・漬けた樽を持って帰るエコバック
・酵素ジュース専用の漬ける樽(遮光性のあるもので、容量4~6リットル)
※樽をご持参できない場合は、遮光性のあるホーロー(直径20cm,高さ19cm,容量5.8リットル)を樽としてご用意します。ホーローをご希望の方はお申込み時にお知らせください。
ホーロー:1,400円(税込)
※特別な材料発注等の都合上、1/30以降は100%のキャンセル料金をいただきますのでご了承ください。

____________________________________________

◆快医学講座 森下真司
◆2/15(月)13:00〜15:30
ご存知、麻心オーナー、森下真司さんの人気講座です。
快医学とは 老若男女問わず、いつでもどこでも誰にでも実行できる家庭医学であり予防医学でもあり 健康への羅針盤です。
人がどうしてもやらねければ生きていかれない四つの仕事(食、息、動,想)と環境(空気や水やほかの生き物達との関係や家族や学校など人と人との関係)この五つをベースに気持ちのよい方向に生き抜く知恵です。
これは日本にある優れた様々な自然療法をとりいれ快い生命の法則に従って再構成したものです。 そして今回は特に操体法という自分自身で体のゆがみやバランスを整える体操と 内臓をアイロンを使って あたためる温熱療法についての講座をします。
この知恵を知ることにより ある程度自分のからだを自身でケアすることができるようになるので 皆で学びそれをまた伝えて、ひろげていきましょう。

10952094_1037397522942030_474476479  10646731_1037396399608809_713156632

◇参加費 ¥2,200
◇動きやすい服装でお越し下さい。

| コメント (0)

ゆらの会 1月

12385_816985684983216_802611400_n

かまくら茶論〜珈琲でホッと、人生を語ろう〜

1月17日(日)13:00~16:00

カジュ・アート・スペース
鎌倉市二階堂57-1  0467-23-3663

「ゆら」は、万葉集にある「足玉も手玉もゆらに織る服を君が御衣に縫ひもあへむかも」の「ゆら」、また「玉響(たまゆらに)昨日の夕見しものを今日の朝に恋ふべきものか」の「ゆら」の意を含んでおります。「たまゆら」は現代でも、小説、ドラマをはじめいろいろな場面で使われております。

「ゆら」を広辞苑で引きますと、「玉などが触れ合って鳴る音」とあります。ずいぶんと殺風景な語釈ですが。同じく「たまゆら」は、「玉が触れ合って奏でるかすかな音」とあります。いずれの場合も。美しい玉が触れ合って奏でるかすかな音、かすかであっても美しく妙なる音、万葉人の日常にあった音なのでしょう。「玉」は「霊」に通ずるという考え方もあるようです。

理屈はともかく、ゆらゆら、ゆったり、のんびり、気ままに、といった雰囲気を「ゆら」という言葉から感じていただければ幸いです。フラッと気楽にお立ち寄りいただき、あれやこれやと広がる話題と人との出会いを愉しむ場、そんなことをイメージしております。
月に一度の暫しの時間ですが、どうぞお立ち寄りください。
珈琲はこれまでと同じです。

【参加費】おひとり500円。
【持ち物】好奇心とあればお気に入りのマイカップ(こちらにもご用意はございます。)

【主催者の自己紹介】八原忠彦(やはらただひこ)

5

高校卒業まで山陰の町で暮らし、大学入学で横浜暮らし、現在は鎌倉に定住(北条氏常盤邸跡付近)。大学では、人の営みとしての経済への関心からヨーロッパ経済史を専攻。近代化論や市民社会論をかじる一方、ロシア文学や日本文学に遊び、時には哲学書をひもとき、最終的には経営史(当時は未だ黎明期)の研究を志すもあっさりと放棄。ご縁によりシンクタンクで仕事をすることになり、スーパーコンピューターにほんの少し触ったりしながら、いわゆる調査研究、提言を続けて十数年。これもご縁により(学)産業能率大学に籍を置いて経営コンサルティングや企業内教育に従事(二十数年)。またまたご縁により淑徳大学国際コミュニケーション学部で学生教育に携わり、経営戦略論、経営組織論、マーケティング論などを講じて(約6年)後現役引退しました。この間まことに多くの方々にめぐり合い、学び、触発される人生でした。そうしたことどもを土台にして、人間の生き方、世の在り方を考えてみたいと一念発起、「かまくら茶論」開設に行きついた次第です。豆を挽いて珈琲を味わう生活を続けておよそ40年になります。
スタート前にみなさまにご意見、ご提案をいただければ、事実上この語らいの場が始まります。

メールはこちら。
HP→ゆらの会

| コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »