« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話 出版記念会

22196464_1585900468134496_800064888

『人生でほんとうに大切なこと
がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話』
出版記念講演会

2017年10月19日に『人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話』稲垣麻由美著(KADOKAWA) が刊行となります。
この本は、「がん体験は、人生の積み残した課題と向き合うきっかけとなり、新しい扉を開くことにつながります。決して不幸とは言い切れないのです」
そう話す、国立がん研究センター中央病院の精神腫瘍科科長・清水研医師とその患者さんたちの対話・物語をまとめたものです。

ちなみに、精神腫瘍医の存在をご存知でしょうか? 精神腫瘍医とは、がん専門の精神科・心療内科医のことです。今、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代。だれもが死を前提に生きているにもかかわらず、人生の期限を突きつけられる体験は、心の混乱を生みます。それは本人だけでなく、家族にとってもです。
「自分の人生を全うするとはどういうことなのか・・・」
そんなことを、清水先生を軸に、たくさんの患者さんに取材をさせていただき、貴重な体験談をもとに綴りました。

人はもろいようで、案外つよく、とんでもなく優しい生き物だったりします。

その清水研医師と、第7話に登場する千賀泰幸氏をゲストに迎え、この本が生まれたきっかけから、「人生でほんとうに大切なこと」について、お越しいただいた皆さまと一緒にお話をする機会にしたいと存じます。ぜひ、お気軽に足をお運びください。

<開催日時>
◇10月29日(日)13:00〜15:00
カジュ・アート・スペース(鎌倉市二階堂57-1) 

<参加費>
◇2500円(サイン本付)  ※1000円(本を既にお持ちの方)

<申込・問合せ先>
申し込みフォームはこちら。 

◆カジュ・アート・スペース 
鎌倉市二階堂57−1 tel 0467-23-3663 
mailはこちら

◆株式会社一凛堂 (担当:池田) tel 050-3577-9428
mailはこちら

<協賛> KADOKAWA 

<出演者プロフィール>

清水研
精神科医・医学博士  国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科科長 
日本総合病院医学会専門医・指導医 日本精神神経学会専門医・指導医

22290549_1585895644801645_436391759

千賀泰幸
IT関連企業勤務。56歳のときに「進行性の肺がん」と診断される。3人の子供の父。5年生存率5%と告知される中で、激しい痛みと次第に押し寄せてくる心の混乱を、精神腫瘍医の清水研医師との出逢いの中で「絶望」を「希望」へと変えていった経験からこの本の企画を立案。本著、第7話に実名で登場。

稲垣麻由美
文筆家 編集者。株式会社一凛堂 代表取締役
「命」と「想い」をテーマに執筆を続けている。7年近い取材期間を経て刊行した『戦地で生きる支えとなった 115通の恋文』(扶桑社)は、舞台「逢いたくて」の原案となり、日本橋三越劇場などで上演。出版プロデュース・編集した書籍はこれまでに60冊を超える。鎌倉在住。

22278443_1585895751468301_1602082_2

| コメント (0)

カジュ手芸部部活 (ニットカフェあらため)

◆カジュ手芸部10月の部活 (ニットカフェあらため)  たなか牧子造形工房

◆10/22(日) 13:30 〜 17:00

編み物道具を持参し、楽しくおしゃべりしながら編み物をしませんか?・・・で長年やってまいりましたニットカフェが今月から「手芸部」に昇格(?!)。編み物だけでなく、ちくちく縫い物、繕い物、刺繍、アクセサリー作りなどなど、広範囲の手仕事を一緒に楽しむ場にしたいと思います。どうぞお気軽にお越しください。

◇参加費 ¥1,000(お茶、お菓子付き)

 Knit0624 Knit14_04_23

20953705_1244739275631286_663921703 18294_01 15_01_25_knit Goshuin02 

| コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ