« 2022カジュ1dayワークショップシリーズ | トップページ | 2022年度 紡ぎ教室生徒募集 »

たなか牧子染織展

Dm_a


日本各地の選り抜きの熟成酒を扱う掛田商店から、その酒米のワラをいただく幸運を得ました。
ススキ、タケ、ネコジャラシ、カモジグサ、コバンソウ、イヌビエ、セイバンモロコシ、ジュズダマ、コブナグサ、オヒシバ ・・・。
私たちの暮らす日本は、実に多くのイネ科の植物に囲まれています。
太古の昔から、人はその野生種から味のよい栽培種をつくりだし、研究を重ねて今日に至っています。

酒米は、食用よりさらに「渋み」「えぐみ」などを削って、クリアなお酒の味を追求してきたのですね。
その試行錯誤の結果が、色にも表れています。

野生種から食用種、そして酒米に宿る「イネの色」を見比べていただきたいと思います。

◆たなか牧子染織展
〜 稲、そして身近な植物にやどるもの 〜

・2022年10月8日(土) 〜 19日(水)  10:00 〜 18:00 (月・休)

・@掛田商店   横須賀市鷹取2-5-6  046-865-2634

Map

染織家・たなか牧子

512TwittericonInstagram

« 2022カジュ1dayワークショップシリーズ | トップページ | 2022年度 紡ぎ教室生徒募集 »

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022カジュ1dayワークショップシリーズ | トップページ | 2022年度 紡ぎ教室生徒募集 »