« 2008年9月 | トップページ | 2009年7月 »

2008年12月

涼子の " ダークサイド入り "

カジュ通信2008年春初夏号 ~ノーテンキ通信~

「負のパワー」は強力です。

大きなお腹で電車やバスに乗ります。席を譲ってくれない人がいます。
私は相手が若いと「この○○野郎〜〜!!」という視線を送ります。そして後で「みんな座席ゆずってくれない」と愚痴を言います、、、

完全ダークサイド入りです。だって、「みんな」なんてことは絶対ないのですから。
現に譲ってくれる人の方が多いです、いい人の方が多いのです。譲ってくれない人にも訳があるのかもしれません。お腹を見て声を掛けるのは勇気が必要ですし、単に気付かないことだって多いでしょう。私だって妊婦に席を譲ったことは数回しかありません。

ちゃんと考えればわかるのに、その時は完全に負のパワーにやられてしまうわけです。してもらったこと(恩)より、されたこと(恨み)の方が強く、記憶にも残ってしまう傾向にあります。誉めることより貶すことのほうが楽しいこともあります、、、特に私はその傾向が強いです。

お腹の人は気付いているのではないかと最近怖くなります。ダークサイドから抜けるには相当パワーが要ります。赤子の力を借りて、、、頑張ります。

こども造形教室講師 荒木(古市あらため)涼子

| コメント (1)

言葉・言霊

2008年カジュ通信 秋・冬号より

今年は、いつもの年より秋が長く、工房で仕事をしていても、毎日気持ちのよい光と風が楽しめます。カジュの守護神イロハカエデが色づく頃まで、蚊取り線香も、暖房もいらない秋のひとときがもう少し続いてくれるでしょう。

去年の今頃は、ドイツ人のアーティストを招へいしての「トラーベ・アート・フェスティバル2007 in鎌倉」の真っ最中でした。
日・独・英語が雨あられと降りまくる(笑)カオスの中にどっぷり浸った2週間でした。準備の期間を含めて、日本語を英語に訳す、英語を日本語に訳す、、、の作業を山とこなしたわけですが、それを通して、日本語の持つ「言葉のチカラ」を何度も再発見しました。


日本には、もともと言葉には、特別の魔力があると考えてきた伝統があったと思います。「言霊(ことだま)」という言葉があるくらいですから、とても言葉を大切にしてきたことがよくわかります。よく「だまっていてもわかる」と言いますが、これは、言葉を軽んじているのではなく、最もその場で威力を発揮する言葉を最小限選び抜き、くどくど説明はしない、という意味で、ただだまっていたのでは、やっぱり何も伝わりませんよね。
よく吟味し、鍛え、選び抜いた一言には、その言葉を発する人にも、見聞きする人にも、大きな影響を与えます。その人を元気にすることも幸せにすることも、はたまた病気にしてしまうこともあるぐらいの。

私は、コンピューターで文章を書くとき、英語を書くときは、アルファベットですが、日本語を書くときは、キーボードは「ひらがな入力」設定です。これはかなり少数派らしい、、、。
ほかの方々は、日本を書くときも、ローマ字入力にするのが一般的だそうですが、私には、想像もつきません。かなりの高等技術ではないでしょうか。例えば、「安心」と書きたいとき、私のあたまには「あんしん」というこの、見た目ののったりとしたひらがながあって、これが「あ」の文字のもととなっている「安」に通じ、ほっとしながら変換ボタンに漢字に変換してもらう。これを「anshin」と入れたのでは安心できません。(笑)


 

外来語もそう。「ラジオ」はあくまで「ラジオ」で、アルファベットを使った時は「radio」以外はでてきません。「ディズニーランド」なんか、みなさん、どうやって入力するのですか?「だって、日本語と英語でキーボードの文字の位置を2通り覚えるのは大変じゃん。」ということらしいのですが、Disney Landを“ Dezuniirando”と綴る方がよっぽど大変な気がするんだけど、、、。
日本語の文字にはそのひとつひとつにルーツがあって、(ま、“ひらがな”にはかなり掟やぶりな歴史があるけれど、、、)それを意識して使うからこそ、説明言語の英語にはない行間の魔力を生み出してきたのではないかと思うのです。でも、ローマ字入力が原因かどうかは別として、昨今の日本語は、根なし草になっている気がします。
今の若いオノコさんたち、31文字でオンナが口説けるかい?、、、いやいや、感性は豊かだから、方法さえ学ぶ機会があれば光源氏も青くなるようなのを作るかもしれませんね。らぶ、日本語。みんなで磨いて、愛を深めて参りましょう。

たなか牧子(たなか牧子造形工房、カジュ・アート・スペース主宰)


| コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年7月 »