« 往復書簡(17) 久野木直美さんから藤村和人さんへ | トップページ | 往復書簡(18) フジムラカズトさんから山岸壮太郎さんへ »

往復書簡(16) 石田紫織さんから久野木直美さんへ 2008年

【テーマ】師、弟子

久野木 直美様

こんにちは。

なおみさんのご活躍、カジュからの案内などでいつも拝見しております。カジュでのヴォーカル教室、とても豊かな気持ちになれそうでいいですね。それにすべての音楽の基本は歌ごころ、私も習いたいなあとよく思っています。ただ歌うことは誰にでもできるけれど、基本や理論を学べば、世界も広がってより楽しめることでしょうね。 そう、よく思うのですが、歌も太鼓も、踊りも、絵を描くことも、もともと誰にでもできることなのですよね。とは言え子供の頃から少しずつ、お母さんや幼稚園の友達や、またはTVなどのメディアや自然などから学んできたのでしょうけれど。興味があることに関してはより多く吸収するでしょうし、教室に行って先生に習ったりするかもしれません。なおみさんは、子供のころから歌が好きで、音楽を習っていらしたのですか?

私も子供のころからやっていればよかったのですが、先生について学びはじめたのはインド音楽を始めてからで、実は20代後半と、とても遅いのです。それまでは、仲間に教わったりして雰囲気で楽しむだけでしたが、古典音楽ともなると、長い歴史の中で受け継がれ、積み上げられたものがとても大きく、そこを学ばずに習得することは不可能だと思いました。

私の師のところには2人の住み込み弟子と十数人の通い弟子がいて、師匠と生活をともにしながら修練に励んでいます。

インドはもともと徒弟制度が根強いというか、何より師匠を大切にする民族性があるように思います。プラーナム(師の足に触れてから自分の頭を触る挨拶で、あたたの足を私の頭に乗せる思いです、という意味です)を形式としてではなく、みな心を込めて行っています。学校のようにシステマチックではありませんが、師が受け継いできたやり方で(大抵はこれでもかというくらい厳しいようですが)伝承しています。また、生活をともにすることで、弟子は師の考えがわかるようになるし、師は弟子の個性を見抜いてそれぞれにあった指導をするかもしれません。インドでは、新進気鋭の奏者も、熟練音楽家も、まず師匠の名前を出し、伝説を語り、とても大切にしています。そして師匠もまた、自分を超える弟子の成長をこころから喜ぶそうです。そんな愛情のある師弟関係のおかげで素晴らしい技と伝統が今に活きているのでしょう。

徒弟制度とまでいかなくても、こういった師弟関係や技術を受け継いでいく制度は、職人や文化芸術の世界に限らず、たとえば会社などでも見られると思うし、効果的なのではないかとも思います。またその反面、今はいろんなところから情報が得られる時代ですから、独学で技術を習得される方も多いと思います。必ずしも師匠が必要ではないし、悪い場合はそれが創造の妨げになるという考えもあります。それでも先人から多くを学んでいるのですよね。私も今までに、技術そのものに限らず仕事への心意気や考え方や生き方などを教えてくれた先生との出会いは度々あり、感謝しています。

私が人に教える立場になるかどうかはわかりませんが、多くの師から受けた愛情と、先人たちが積み重ねてきた伝承されるべきもののかけらを誰かに伝えられればいいなとは思います。しかし教えるということは本当に、覚悟のいることですよね、尊敬致します。いろいろな楽しいことや難しいことがあると思います。なおみさんの、先生として思うことや気づいたことを聞かせていただけたら嬉しいです。

石田紫織

石田紫織様

お手紙ありがとうございます。

紫織さんのインドの伝統話を読んだらインド音楽が恋しくなり、この所BGMになっています。タブラというのは本当に難しそうですね。指の先から腕まで動きがとっても繊細なんですね。

私はよくレッスンで「歌をうたうということは体が楽器なんですよ」と生徒に話すのですが、打楽器も体でリズムを感じ鮮明に音楽として表現しますよね。楽器の中でも歌に近いような気がします。

私がなぜ声楽に辿り着いたかは実は自分でも不思議に思っております。ただ幼い頃は歌うことが大好きだったようです。そして習い事といえばピアノ、学校では吹奏楽と、ほとんどの楽器に触れてきたものの続いているものは、毎年地元に帰って参加する夏祭りのお囃子くらいです。太鼓と横笛を演奏するのですが、伝統音楽と思うと続ける意志も次第に強くなり、大人になってからは子ども達ができるだけ受け継いでくれることを祈りつつやっています。今、数えたらもう20年近くこのお囃子と共に夏を過ごしています。知らない間に伝統音楽の魅力に引きこまれていたのですね。なんだか紫織さんのインドのお話と少し重なる気がします。

さて、話が少し逸れましたが、私と声楽の出逢いはそんな音楽好きが導いてくれたのでしょう。しかし音楽大学に入学して一からクラシックを学ぶことになり、頭の中は?マークを巡らせるばかりで、とにかく歌うことに無我夢中だった気がします。そして大学で出逢った恩師のレッスンは、「あ」と発声しただけで誤りを指摘するほどの厳しさがありました。日常も口べたで生徒との会話も少なく、挨拶と返事しか交わしたことがないくらいとても壁のある存在で、挫折しそうになり一人で涙したのも覚えています。 そんな厳しい師を今でも一番尊敬しているし、運命にも感謝しています。大学生活の中で自分の声がどんどん好きになり成長を実感することで師の愛情を感じたからだと思います。

自分が学ぶのは主にイタリアオペラなのでやはり本場の音楽に憧れ、’06年にレッスンを受けにイタリアへ飛びました。そこで出逢った師も素晴らしかったし、生徒と先生の両方の視点から学ぶことが多々ありました。また街中で出逢ったおばあさんで音楽を学びにきた若者達にとても親切で、人気のあるコンサートを特別に裏口から無料で聴かせてくれたり、教会でのミニコンサートの誘いなど、初対面の私にたくさん声を掛けて下さいました。日本ではできない体験だったと思い出に残っています。

師から言われた言葉でとても印象に残っている言葉があります。卒業を目前にし「卒業しても勉強したいのでレッスンお願いします」と言ったら、師は「自分自身が学び続けなければ教えられないからね」と。

本当にその通りですよね。 生徒でいた自分が逆の立場になり、何もかもがスタート地点。新入社員と同じですよね。でも自分には上司はいません。生徒一人一人とのコミュニケーション、指導方法・・・・自分が習得してきたこと、体が覚えているものをすべてをどう表現し、いかに分かりやすく説明するか、どうしたら歌うことを楽しんでもらえるか、日々勉強です。声は楽器と違って目で見える見本がありません。イメージを重ねることで体の使い方、正しい発声法を感覚で習得していく、それが一番のポイントと私は考えています。そのためなるべく生徒の体(声)になって考えるよう努力しています。

教えることも教わることも無限の道のりですが、私はヴォーカル講師になったことを幸せに思います。生徒と一緒に音楽を学ぶ空間は本当に楽しいし、自分が一番生き生きしているときだと感じています。

これからも先生として多くの人に歌うことの楽しさを伝えられたらいいなと思っております。

紫織さんもインド音楽を日本にたくさん広めて下さい。ご活躍をお祈りしています。

久野木直美

プロフィール・・・・武蔵野音楽大学声楽学科卒業。郡司忠良氏に師事。’06年イタリアにてヴィルマ・ベルノッキ氏のレッスンを受ける。同年7月、第8回「万里の長城杯」国際音楽コンクール奨励賞受賞。音楽教室講師を経て、’04年よりカジュにてNAOMIヴォーカル教室主宰。

« 往復書簡(17) 久野木直美さんから藤村和人さんへ | トップページ | 往復書簡(18) フジムラカズトさんから山岸壮太郎さんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 往復書簡(17) 久野木直美さんから藤村和人さんへ | トップページ | 往復書簡(18) フジムラカズトさんから山岸壮太郎さんへ »