« 往復書簡(22) 井上智陽さんから波多 周さんへ | トップページ | 往復書簡(23) 波多周さんからアルバレス湊 万智子さんへ »

往復書簡(24) アルバレス湊 万智子さんから赤松加寿江さんへ2010年新春

再び、往復書簡のバックナンバーを掘りなおしています。2010年新春までたどり着きました。

【テーマ】 本気モード

赤松加寿江様

「翼の折れたエンジェル」と聞いて、「赤松加寿江」と答えられる人は少ない。

なぜなら、2009年仮装忘年会inカフェ鎌倉美学に参加した勇士達にしかみせていない、

かずえちゃんお手製のテーマが「エンジェル」。

アスクルの段ボールを羽の形に切り、白い紙を貼り、電源がなくとも点灯するドンキの電飾つきの羽をぐるりとまきつけ、ワイヤーハンガーを折り曲げて背中に固定した天使の羽。

ヤマトタケルノミコトや、卑弥呼、もう一人の天使、悪魔、堕ちたビーナス、ケンタウルス、弁財天、福禄寿たちと商店街を練り歩き、「インディアンの少女」とバンジョーを生演奏してるうちに、とうとう天使の羽は折れてしまったとさ。

2009年のかずえちゃんは、鎌倉芸術祭の事務局という仕事が加わり、休む暇なく走り続けてきたよね。

そのクソ忙しい年の暮れの数時間の「遊び」に、ここまで本気モードで参加できるかずえちゃんが好きです。(誉めてるんですよ!)

ある時は、建築士。ある時は、バイオリンのおねえさん。

たまに、カフェ鎌倉美学のイタリアンシェフorスタッフ。

その姿は、キューティーハニーも、真っ青の多芸多面な女性。

本気モードで挑戦してたら、こんなこともあんなこともできちゃいました。

っていうおちゃめなノリで答えてくれそうだよね。

泣いて笑って、いっぱい飲んで。

これからも、大いに人生を楽しんで、いっしょにいろんなことに挑戦していきたいね。

本気モードの人にしか味わえない「感動」が、私はあると思います。そのスペシャルな感動は

困ったことに、「苦労」もセットになってるんだけど、わかりあえる仲間がいれば「感動」100倍、苦労は酒の肴に進化してくれるからステキです。

ということで、今度の仮装は「キューティーハニー」でお願いします。

「天使」に変身した「キューティーハニー」じゃないですよ。

アルバレス湊 万智子

大切な友人にラブレターを書く機会を与えてくれた、まきこさん、まゆみさん、周ちゃん、へ感謝!

アルバレス湊 万智子・・・・・・・・カフェ鎌倉美学 主宰

http://www.kamakurabigaku.com/

まちこさんへ

「ただものじゃない」 最初に知り合った6年前、私のセンサーは振り切れ、 深く付き合うようになるかもと思ったのを、今でも覚えています。

世の中には肩書きなんかそっちのけで、勝負できる人がいるけれど、

まちこさん、あなたもその一人。

もはや、「アルバレス湊万智子」と言えば、説明不要。

相談すれば答えが、仕事を組めば成功が約束される。

昨年、何度つぶやいただろう。「まちぴーに聞いてくる」。

そしていつも納得の答えを返してくれたよね。

あっというまに人を惹き付け、魅了してしまうパワー、

本質を見失わない眼力、素早い頭の回転に、誰もがコロッとくる。

それはまさに「卑弥呼」。

コンセプトカラーの赤とグリーンを身にまとい、

酔いが廻れば、踊り出す。

なによりも皆の幸せばかりを考え行動する姿は、

まさに、まちこさんの「美学」そのもの。

「鎌倉美学」も7月にオープンしたとは思えないほど、いまや鎌倉にはなくてはならない存在。

ヒントも癒しもあるそのパワースポットに、皆が、まちこさん会いたさにやってくる。

仕事も、遊びも、人付き合いも、とことん「本気」になってしまうところが、

やっぱり姉妹なのかしら。

「翼の折れたエンジェル」は泣いたり笑ったり迷惑かけたけど、

いつも「卑弥呼」のご神託に助けられました(笑)。ほんとに感謝でいっぱいです。

「キューティーハニー」に昇格(?)するには、身も心も鍛えなくちゃいけないけれど、

それじゃあ、「卑弥呼」もアップグレード。

今年の仮装は、「弥勒菩薩」なんかはいかがでしょう。

さーて、そろそろいい時間。今日もこれから美学に行くかなー。

今日は何を酒の肴に、語りましょうか。

加寿江

赤松加寿江・・・・・・一級建築士事務所 sutudio acca / 西御門サローネ

博士(美術)一級建築士

共立女子大学非常勤講師 専門は都市史、建築史

建築設計、西御門サローネの運営とともに、鎌倉、イタリアを対象とした調査・研究を続けている。2009年は

NHK「美の壷」の鎌倉特集に出演。

西御門サローネ  http://www.nishimikado-salone.jp/ 

studio accaがレンタルスペースとして旧里見弴邸を運営しています。毎週月曜は建築ガイド付きで公開。11時~16時  ¥500(売上の一部は建物の維持補修に充てられます。)

コンサートや古美術の展示会、ウェディング等、様々なイベントを週末に開催中。

« 往復書簡(22) 井上智陽さんから波多 周さんへ | トップページ | 往復書簡(23) 波多周さんからアルバレス湊 万智子さんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 往復書簡(22) 井上智陽さんから波多 周さんへ | トップページ | 往復書簡(23) 波多周さんからアルバレス湊 万智子さんへ »