« 往復書簡(42) 石田人巳から齋藤晴美さんへ | トップページ | 往復書簡(44) 鎌田香さんから八原佳子さんへ  »

往復書簡(43) 齋藤晴美さんから鎌田香さんへ 2015年

 

                  

 テーマ:2020年の自分へ

鎌田 香 様 

鎌田先生、お元気ですか?!

先生のお料理教室に初めて参加させていただいたのは、10月の末頃でした。そして今は12月・・・本当に月日の過ぎゆく早さに驚いてしまいます。

 

カジュ通信の往復書簡のお相手を鎌田先生がお引き受けくださり、さてテーマは・・・と考えてもなかなか決まらず、内心焦りが出てきた頃、テレビ画面に大きく映し出されたロケット発射を見て、「これだ!」とひらめきました。 12月3日、午後1時22分。鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げられた小惑星探査機『はやぶさ2』。目的を果たし再び地球に戻ってくるのは、2020年末とのこと・・・・。往復52億キロもの旅に出た『はやぶさ2』に、ロマンを感じたのは私だけではないでしょう。

さて、テーマの【2020年の自分へ】は、そんな『はやぶさ2』が地球に戻る頃の自分を想像し、願いや決意も込めて書かせていただこうと思います。

 

2020年、私は61歳になっています。そう、還暦を越し60代を歩き始めているのです。

もちろん鎌倉に住んでいます。今のこの海辺の家は「終の棲家」で・・と思っているくらい気に入っていますので! そして仕事も順調、順調というより今年スタートした“ひとり時間プロデュース事業部”が軌道に乗り、社員も増えてそろそろ事業部から会社にしようか・・などと考えている頃です。

 

今年5歳の孫は11歳になって、小学校5年生。私に似て鎌倉が大好きな女の子に成長しており、週末にはちょくちょく泊りがけで遊びに来ています。仕事の悩み等を孫に聞いてもらうのが私のストレス発散になってるんですね!

 都心はもちろん、ここ鎌倉も東京オリンピック開催の影響で外国の方がたくさん訪れ、日本の文化を知っていただく一環で、着付け教室や茶道教室などで、結構忙しく動いている様子が想像できます。

 

意外なことに体調はすこぶる良く、人生で今が1番楽しいわ、などと言ってはしゃいでいる自分が見えるのです。これは昔占いで「60代からの人生が1番華の時代」と言われたことが、強く心に残っているからでしょうか・・・・。秘かに楽しみにしていた年代を2020年に迎えているのです。ここまで書いてきて、心に鮮明に浮かび上がってくるのは『体作り』という文字。何もしないでいれば体力はどんどん低下し、免疫力や記憶力など年相応に、いえ、それ以上に加速をつけて落ちていく一方でしょう。

 

そこで私はここに誓います!2020年の自分へ向けて、今からしっかりと体力をつけ体作りをしていくことを! あの時に誓ったから今があるのね・・とにっこりと微笑んでいられるように。今の自分を大切に、未来の自分を見つめながら暮らしていこうと思いました。

そして、まだ1度しか参加できていない鎌田先生のお料理教室にもっともっと参加したいと思っています。美味しくて、体に良くって・・・そんなお料理のレパートリーも増やせていけたら幸せです!鎌田先生の2020年は、どんな夢が広がりますか? お返事を楽しみにしております。

齋藤 晴美

************

齊藤 晴美:鎌倉市在住 昨年からカジュにて着付け教室『和楽の里』を開講

 

齋藤 晴美さま

晴美さま、こんにちは。

先日はお料理教室にお出でいただき、また本日はロマン溢れる素晴らしいお手紙をいただき、ありがとうございます。

 

「はやぶさ2」が地球に戻る2020年のご自分を・・意外なことに体調はすこぶる良く・・と書かれていらっしゃるので・・もしかしたら、いろいろご心配なことがおありなのではと拝察いたします。けれどその年を楽しみに想い描いていらっしゃる・・そのお気持ちがとても素晴らしいと思いました。

 私は先日の朝、目が回ってしまい、休日診療へ行って点滴をうけるという事がありました。その前夜、寒い中長時間外にいたので、そのためだと思うと、知人に話しをいたしました。すると彼女は、耳の三半規管のリンパ液が酸性になるとめまいの原因になるということを話してくれ、その後に、寒かったのはその原因になるかもしれないけれど、同じ寒い時間を過ごしても、楽しく過ごしていればリンパ液は酸性にならないのよ・・と言うのです。私は、心と体のつながりに驚き、また楽しいということの不思議な力にも驚いたのです。

 そうすると、晴美さんが、60代を楽しんでいるご自分を想い描いていらっしゃるという事は、思い描いている今の時間も楽しいはずで、それは体にも良いことのはず・・楽しい時間に体づくりも合わせれば、きっと人生で一番華の60代が実現されることと思うのです。

 

私は、晴美さんより10才近く年上ですので、2020年には70代です。

その時には、今少しずつ動き始めた「みんなの稲村プロジェクト」が多くの方々の楽しい場となり、安全な食やエネルギーについて発信する場になっていてほしいと思っています。ああしたい、こうしたいという楽しい事を沢山思い描き、いろいろな方にお伝えしていくと・・楽しい事はきっと不思議なご縁をつなげていってくれることでしょう。自分の心と体をつなぐのと同じ様に、楽しい事は、人と人もつないで行ってくれると思うのです。

 

私も体力作りのために歩くことを続け、2020年の自分を楽しみに想い描きながら1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。晴美さんに、またお目にかかり、お話しをお伺いできる日を楽しみにしております。

                                                         

鎌田 香

**************

鎌田 香 : 藤沢市在住。 鎌田クッキングスタジオ(無添加で作るベーコン・ハム・ソーセージの料理教室)主催

 

 ・みんなの稲村プロジェクト(稲村エネルギーカフェ)進行中 

« 往復書簡(42) 石田人巳から齋藤晴美さんへ | トップページ | 往復書簡(44) 鎌田香さんから八原佳子さんへ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 往復書簡(42) 石田人巳から齋藤晴美さんへ | トップページ | 往復書簡(44) 鎌田香さんから八原佳子さんへ  »