« ♪NAOMUSICA♪〜声変わり その1〜 | トップページ | ♪NAOMUSICA♪〜モーツァルト その1〜 »

♪NAOMUSICA♪〜声変わり その2〜

カジュ通信 2010年 夏号

前回お話した【声変わりについて】の続き。

咽頭の甲状軟骨が前に突出した「のどぼとけ」ですが、正式名は「咽頭隆起」と言います。
ではなぜ日本では「のどぼとけ」と一般的に呼ばれているのでしょうか。
その形状が座禅をしている仏様の姿に見える為だそうです。

そして、西洋では「のどぼとけ」の事を「アダムの林檎」と呼びます。
その由来は、アダムとイブが禁断の木の実を食べ、アダムの食べた木の実は喉に詰まり、のどぼとけになり、イブの食べた木の実は乳房になったという話からだそうです。

もしかすると、2人が食べた木の実と言うのは、思春期である「第二次性徴期」を迎える象徴の事ではないでしょうか♪

のどぼとけを通しての和洋折衷のお話でした。

くのきなおみ

« ♪NAOMUSICA♪〜声変わり その1〜 | トップページ | ♪NAOMUSICA♪〜モーツァルト その1〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ♪NAOMUSICA♪〜声変わり その1〜 | トップページ | ♪NAOMUSICA♪〜モーツァルト その1〜 »