NAOMIヴォーカル教室

♪NAOMUSICA♪〜月に寄せる歌〜

カジュ通信  2022年 新春号

私のおすすめオペラアリア♫
ドヴォルザーク作曲『ルサルカ』より
【月に寄せる歌(白銀の月)】soprano

交響曲第 9 番「新世界より」などで知られるドヴォルザーク(1841-1904)ですが、このオペラは彼の故郷の言語であるチェコ語で歌われます。

ロマンティックで親しみやすいオペラです。
水の精ルサルカは人間の王子に恋をし、彼と一緒になる為に人間になりたいと打ち明け、切なくも美しいアリア【月に寄せる歌(白銀の月)】を歌います。
望みをかなえるためには、引きかえに「声」を失うと魔法使いは話しますが、ルサルカはこれを受け入れ人間の姿にしてもらいます。

物語としては、大人版「リトルマーメイド」という感じです。
私はこのアリアに大学生の時に出会いました。ゆらめく水をあらわすようなオーケストラにのせて歌われる美しいメロディーに心を打たれました。

ぜひ聴いてみてください♪

 

くのきなおみ

| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜曲選び〜

カジュ通信  2021年 夏号

延期になっていた秋の発表会に向けて、曲目を決める時期になりました。
最近はYouTubeだけでなく、カラオケアプリでも探すことができるのでとても便利です。

生徒が教えてくれたもの、私が提案したものをお互いがすぐ聴くことができます。
紙の楽譜好きの自分は 最終的にはプリントしますが...。
カラオケアプリは歌いやすいものや、懐メロ、その人の声に合った曲を選んでくれるというのもあります。

お家で簡単に歌えて採点&録音までしてくれる。
ただし、レッスンではこの採点は参考にしません。
レッスンでは相手に聴かせる、声を届けるというところまで考えて練習します。

1ヴォイストレーニング2発音練習3曲の表現その人その人に合った曲を探すのも簡単なことではありません。好きな曲と歌いやすい曲は違うこともあります。自分の声の音域を知ることも大切です。

レッスンではたくさんの発見があります♪

くのきなおみ

| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜ヴォカリーズ〜

カジュ通信  2021年 春・初夏号

今回は曲紹介です。

ラフマニノフ作曲「ヴォカリーズ」(1915 年)

ラフマニノフはロシア出身の作曲家です。
美しいピアノ曲もたくさんあり、ピアノ協奏曲第2番ハ短調前奏曲「鐘」が有名です。

思わずメロディーを口ずさんでしまいたくなるそんな素敵な楽曲です。
歌曲の中でも私の大好きな「ヴォカリーズ」。
この曲は歌詞がありません。
ヴォカリーズは音楽用語で「1つ以上の母音を用いて歌う歌詞のない発声練習法」のことを指します。この曲は【Ah】で歌うのですが、ピアノも伴奏という役割だけでなく、旋律を奏でることもあります。
歌詞がない分、ブレスは特に気をつけなければいけません。
しかし、この流れるような美しい旋律をピアノとともに自分の声で表現するというのが楽しい部分でもあります。
声も楽器なんだなと感じさせてくれる瞬間です。

ぜひ聴いてみてください♪♪

くのきなおみ

| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜ブレストレーニング〜

カジュ通信  2021年 新春号

今年のお正月は自粛モード。
そして緊急事態宣言が 発令され、家でのだらだら生活に拍車がかかり下っ 腹も緊急事態になりつつあります 笑。

Youtubeを流 してエクササイズに励んでおります(^-^)V
レッスンは引き続き感染予防対策を徹底して行って いますが、マスクをしてレッスンさせて頂くことが 増えてきました。

今までのように思い切り声を出すことが難しい状況ではありますが、ヴォイストレー ニングは声を出すこと以外にもできることはあるのです!
それは【ブレストレーニング】です。

お家で大きな声を出せない場合でも、これなら練習できますよね。
体験レッスンの時に必ずお話させて 頂くのが声と息の関係です。
息が深くなければ自然な声は出ないし、操ることもできません。

たくさん吸うこと、しっかり吐き出すこと、これに限ります。
鼻からゆっくり吸ってお腹の膨らみを感じ、そして口から吐き出す。
この時「イ」の口で スィーと強く長く吐いてみてください。

腹式呼吸を意識することが良い声を出す第一歩です!

くのきなおみ

| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜ドレミファインバーター〜

カジュ通信 2020年 秋・冬号

今回は、京急電鉄のドレミファインバーターについて。

京急電車が発車時に鳴る音階の音、ご存じですか?
実際は、♪ファソラシドレミファソーと鳴っているそうです。

電車を加速するとき大量の電力を使用することで出てしまうノイズ音をできる限り耳障りにならないように、ドイツの機器メーカーがこの音階を奏でる制御器を「遊び心」で!作ったそうです。

京急線で当たり前のように聞いていた気がしますが、機器の更新により2012年から国産の制御器への交換が始まっているため、ドレミファインバーター列車は現在1000形1033編成のみなんだとか。

鉄オタでなくても、なんだか聞きたくなってきませんか?(笑)

くのきなおみ

| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜元気になる曲〜

カジュ通信 2020年 夏号

約2ヶ月お休みしていた教室も6月から再開しました。
ビニールカーテンや換気・消毒の徹底など感染予防しながらレッスンを行っています。
毎年楽しみにしているお祭りも中止の所が多く、私の所属している祭囃子も
今年は練習もないのでお囃子の笛の出番がなく、とても残念です。
夏の暑い日に、セミの鳴き声や花火の音とともに太鼓や笛が鳴り響くのが当たり前だと思っていました。
そんな時こそ、レッスンでたくさんの音楽に触れて癒されよう!
レッスンでこども達と歌って、とても元気になる曲がありました。
手のひらを太陽に
世界中のこどもたちが
ぜひ聴いて&歌ってみてください♫

くのきなおみ

| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜オンライン〜

カジュ通信 2020年 春・初夏号

新型コロナウィルス感染拡大により、音楽教室も様々なところでオンラインレッスンの形を取るようになってきました。
わたしの教室も準備をしている最中です。

細かい口の動き、顔の表情だけでなく、全身を使ってレッスンするので画面におさめるために試行錯誤しています。
とは言え、今の時代はオンライン授業というのが手軽にできることに本当に驚きました。

わたしの最近のおうち時間はYouTubeでお気に入りの音楽動画を見たり、レッスン用のピアノ伴奏を録音したり、懐かしい歌を歌ってみたり。
しかし、生徒たちと「今日はいい天気ですね」「学校でこんなことがあったよ」と、お会いしてちょっとした会話をするのがどれだけ自分が元気付けられていたか。日々感じます。

1日でも早くこの状況が終息し、いつもどおりのレッスンができるよう願うばかりです。

 

くのきなおみ

| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜ベートーヴェンの第9〜

2020年新春号


先日、久しぶりにベートーヴェンの第九を聴きに行きました。大学生の時に読売交響楽団の演奏で合唱に出演し、本番は東京のホールで数日あり、テレビ放送もあったので当時の合唱授業はそれは厳しいものでした。
大学時代はイタリアものばかり勉強していた自分にとってはドイツ語が難易度高い。。合唱の先生は「前の人の頭に唾を飛ばすくらい深く発音しなさいっ!」なんて指導することも(笑)。日本語にない発音に苦労しました。
わたしのお勧めは第二楽章♪そして合唱のある第四楽章も、バリトンやテノールのソロは本当に美しいメロディーになっています。
もちろん迫力ある合唱のハーモニーも素敵です。
日本では第九といえば年末ってイメージになっていますが、普段から聴いていただきたい楽曲です。



くのきなおみ

| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜夏だ祭りだソーランソーラン〜

2019年夏号


お祭りの季節がやってきました。私が所属するお囃子、池子神明社のお祭りも先日行われましたが、今年は梅雨の影響でお神輿やお囃子の山車が腸内を回る本祭りは残念ながら中止となってしまいました。
毎年7月初めにお囃子を演奏して「夏が来たー!」という気分になるので、今年はなんだか体が夏モードに切り替わっていないような感じです。
宵宮では子ども達がステージで出し物をしてくれるのですが、今年は地元の小学校で毎年運動会で踊るという南中ソーランを披露してくれました。一般的なソーラン節よりもアップテンポなので踊りも上下の動きがたくさんあり、ヒップポップ並みに激しいです。
「どっこいしょどっこいしょ!」や「ソーランソーラン!」の大きな掛け声もあり、沢山で踊るとすごくカッコ良くて子ども達がキラキラしていました!
お囃子の演奏は少なかったですが、ゆっくりと演芸を見られたのも良い思い出になりそうです。

くのきなおみ


| コメント (0)

♪NAOMUSICA♪〜トガトンの巻〜

カジュ通信 2019年 春・初夏号


先日、小学校の学習発表会でトガトン という楽器の演奏を聴きました。
フィリピンのカリンガ族が演奏している竹楽器です。竹筒の一方の節を残して切り、一人一人 が長さの異なる竹筒を持って床などに打ち付けるようにして音を出します。伝統的には6本1組で演奏するそうです。

竹の長さの違いによって音階を作れるので、事前にそれぞれの音程を調べておき、メロディ奏をしたり、ハーモニーを作って楽しむこともできます。

私が聴いた時は約30人の子ども達がそれぞれパートにわかれて演奏していましたが、お互いを見ながら演奏している姿がイキを合わせるということにつながっていて、普段の授業ではなかなかない場面だなと思い、とても面白かったです。

そして竹の音にも癒されました♪
気軽にできそうなのも魅力的でした。
機会があったら生徒たちやってみたいなと思います。

くのきなおみ

| コメント (0)

より以前の記事一覧