ノーテンキ通信(RYOKO)

涼子の " 春待ちのララバイ "

カジュ通信 2019年 新春号 〜 ノーテンキ通信 〜

 

 

お正月のあとの一月は、寒くて長い闇の季節。

 

我が家の娘二人は、そんな闇の季節に生まれたため、今年も小学生の誕生日という、そこそこめでたい行事を、インフルエンザの脅威に怯えながら、地味に過ごしたのでした。

 

子供をもつまで、特に気に留めずにきましたが、このインフルエンザ、今となっては自身の卑しさを思い知らされる毎年の大問題となりました。断じて一番になりたくない。

 

学校で流行するのですから、誰がなっても仕方のないこと、のはずなのですが、発信源探しは行われるのです。予防接種をすれば問題解決、もし罹っても、注射をする家は意識が高いとされ、憎まれないのです。

 

よし、うちも意識高い系だ、3人の子供に2回ずつ打つぞ! ¥3,000×6回(3人×2回)・・・¥18,000・・・美容院行きたいな・・・。

 

で、出した結論、長女の免疫力を信じ、次女と長男のみ摂取で ¥12,000なり。
卑しく意志薄弱な私は、学校集団摂取復活を切に望みます。

| コメント (0)

涼子の " 隔世遺伝のバラード "

カジュ通信 2018年 秋・冬号 〜 ノーテンキ通信 〜

先日、ロスト・ワールド(ジュラシックパーク2)を観ていたら、マルコム博士が「才能は隔世遺伝だから、君の子供は出来が良いだろう」と言っていました。

そういわれれば、出来の良い親を越えている子供をあまり見たことがない。学業とか、運動とか、顔とか。
逆も然り。鳶が鷹を生む、みたいな親子ってわりとよくいる。平凡どころか、ブスよりの親の子が美人だったり。芸能人だとわかりやすい。美人女優の娘で親越えの人を思いつくことが出来ない。

私はどうだろう。両親とも人並み以上と思われる。その子供・・・私と姉。姉は頭は良い。あとは並。
私、絵だけ少し描ける。あとは並・・・いや、かなり劣る。スボ゜ーつなんて危険レベル。で、私の子供たち・・・今のところ平凡。でもこれから楽しみ。

天才親・美人親より、子供に期待ができる劣等親、万歳!!

荒木 涼子

| コメント (0)

涼子の " 尊いみんなに "

カジュ通信 2018年 夏号 〜 ノーテンキ通信 〜

" 子供はすごい "に反対だ。感性が豊かだとか、発想力が優れているとか・・・そりゃ たまには面白い子もいるけれど、多くの子供は特に光っていない。多くの大人と同じように。

4年生の長女が、国語の授業で「一つの花」という戦争中の物語を習っているのだが、子供に知らない世界を想像させるには、奥ゆかしすぎるお話だ。さし絵も地味すぎる。

結局、火垂るの墓なんじゃないかと思う。戦争を知る父は、あのアニメを観たくないという。そのくらいきれいな絵で、悲惨じゃないと、子供の頭には残らないと思う。

普通の頭の子供たちに、夏だけでも、少し考えさせるには、単純なやり方がいいかと、特に想像力が欠けた、経験もない私は考えた。

面白くはないけれど、間違いなく尊い子供たちに。

荒木 涼子

| コメント (0)

涼子の" 他力本願がいいの "

カジュ通信 2018年 春・初夏号 〜 ノーテンキ通信 〜

美術学校の授業で「デザインは他力本願です」という台詞を聴きました。

確かあの先生は工業デザイナーで、先生がいとしたこととは違う解釈をしている自覚はあったのですが、「ジャージにビーサンが一番かっこいいよね」と、完全に迷った新宿の学生・・・18歳の私に光が射したのです。
「そうだよね、やっぱりファッション誌の特集がお手本よね、流行っている服がかっこいいよね!」・・・座右の銘になりました。「他力本願に生きる」。

デザイン、関係なくなりました。私、好きな人が勧めのものを信じます。美容院から産婦人科まで。
傷を負っても恨みっこなし・信じた私が馬鹿だった、です。

ほとんど検索はしません。どれが好きな人だかわからないからです。たくさんあると縋れ(すがれ)ません。「面白いマンガ」とか、たまに検索します。その時は自分の勘を頼ります。大体失敗します。

リスクが高いものほど、他力本願に! 自力じゃ面白くありません。
大好きな姉がくれた服、流行アイテムらしいけど、かなり不評。でもいいの。私が信じたのよ。しかも流行ってるんだから。かっこいいに決まってるの。

他力本願な生き方、ややこしくて面白い。
自力は、高が知れているからね。

荒木 涼子

| コメント (0)

涼子の " 星に願いを "

カジュ通信 2018年 新春号 〜 ノーテンキ通信 〜

2018年、今年も頑張って誰のためにもならない話を書いていきます。

突然思い出しました。私、今から18年前、カジュで子供造形教室を始めました。それから約12年間、おかしな子供に囲まれてなにを指導していたのかよくわからないまま、でも間違いなく面白い時を過ごしました。

その時の生徒、現在26歳になり、今年も年賀状をくれました。
「僕は元気です。年末に歌舞伎町のエッチな店で8万取られました。それ以外は元気でした。」と書かれていました。順調に成長しているようです。

彼は11際の頃、その当時、毎年七夕に笹飾りを作って短冊に願いこどを書いていたのですが、「先生は『もう少しまともな女になれますように』って書きなよ」と、私にアドバイスしてくれました。その願いがかなったのかどうか、とりあえず親にはなれました。

最近、子供にそんな事言われなくなりました。これも、まともになったからでしょうか。いや、ただ、おばさんになって、彼らの興味の対象ではなくなっただけでしょうか。

またカジュで、いけない授業を開きたいです。

荒木 涼子

| コメント (0)

涼子の " 秋の夜長の、"

カジュ通信 2017年 秋・冬号 〜 ノーテンキ通信 〜

夜が長いので、男というものについて書きます。偏見に満ちています。

自立した女(主に経済的に)に育てられた男は優しくない。
荷物を持ってくれない、夜道を送ってくれない。女は弱いという考えがないから心配しないのです。差別をしていない、とも言えます。

ですから、料理や掃除などはマメに行う傾向にあります。家事は時間のある方が行うという習慣が身に付いているわけです。子供の世話なんかも抵抗なくこなします。「女の仕事」という考えはないわけです。まさに男女平等。

立派。お母さん、息子さんを立派に育てましたね・・・でも私は息子に「女の子には優しくしなさい!」と言うつもり。
それで自立した強い女の餌食に。ああ、スパイラル!
やれやれ。

荒木 涼子

| コメント (0)

涼子の " 夢かうつつか "

カジュ通信 2017年 夏号 〜 ノーテンキ通信 〜

夏休みが始まり、ついに毎日子供が居ることになってしまいました。

山のような宿題一覧表を前に「ウェー!」と盛り上がっている小学生二人を見ながら、私の時もそうだったなーと、つぶやいてみたものの・・・はて? 本当にそうだったか?

近頃、昔の事をすっかり忘れているのです。もう40を過ぎましたから、子供の頃の事を思い出せなくても別にいいとは思うのですが、20年前位の出来事からして怪しくなってきました。
仲が良かった人の現在の様子を、何故か母などから聞かされ、あ、その人って実在した人なんだと感心したりするのです。かつての友人や恋人の存在が、夢か現か自信が持てない感じなのです。

こんな風に、この先どんどん あやふやになっていくとすると、結婚した時の事、出産、子供が小さかった時の事など、私の人生の一大事も、夢か現か・・・になりそうです。

もうすでに、どうして結婚したのかは あやふやになっています。どうして、どんな気持ちで一緒になったのかわからない人と、ずっと一緒にいるのは、とても面白いというか、スリリングです。

大丈夫かどうかはわかりませんが、絶対的現実の子供達と共に、離れたらすぐに夢となりそうなダンナさんと、この夏も過ごしていくのでしょう。

なかなか、刺激的です。

荒木 涼子

| コメント (0)

涼子の " 桜と紙としりとりと、"

カジュ通信 2017年 春・初夏号 〜 ノーテンキ通信 〜

桜チラチラ、ソワソワだらけの季節がまたやってきました。

うちの次女の口癖「なにか楽しいことないかなぁ」・・・楽しいことって何だろう?
娘は紙一枚与えれば、しりとりに付き合ってあげれば、容易に楽しくなって、なんとも簡単に幸せを得られるようですが、母は、私は、どうやったら楽しくなれるのか。

最近楽しかったこと・娘の入学式で、すごく面白い(言葉を選んでいます)お母さんがいて、その人を観察して、若い友人とコソコソ話をしたこと。
あとは、娘の病院の待合室で、若いハンサムなお父さんの話し相手になれたこと。・・・これくらいしか思い付かない。紙としりとりと変わらないではないか。

楽しいこと → トキメキ・イジワル・・・そして簡単。簡単に手に入る幸せ、万歳!
楽しみだらけの春だ! 小さいにんげんだけど、今日も元気に「なにか楽しいこと、ないなかぁ」!!

荒木 涼子

| コメント (0)

涼子の "甘酸っぱさが、愛しくて"

カジュ通信 2016年 夏号 〜 ノーテンキ通信 〜

夏が来ました!! カルピスのCMを観て、(「最後の夏だから・・・」と高校生たちが花火を見ながらカルピスを飲む) この感じ、もう思い出せないのかな・・・と、切なくなっております。

7/8に子供を産みました。産んだ時、いよいよ、もう3人も子供がいたら、夏のドキドキは完全に他人事になった、と思いました。それは幸せな成長といえるかもしれませんが、完全燃焼した感覚がないためか、若さやドキドキや、ちょっとの寂しさ・・・といったものに、まだまだ執着があります。

最近、ドラマや本などでも、不倫モノ・・・トキメキを忘れたおばさんが、若い男の出現で急に目覚める、みたいな物語が流行していますが(いつも流行しているか。)、そうじゃないんです。
そんな物語、ハリーポッター以上のファンタジーだと思ってしまう。若い美しい男に「あなたが好きだ」と抱き寄せられるより、魔法学校から入学案内が届くほうがあり得そう。・・・?

寝不足のせいか? 夏・悩ましい。

荒木 涼子

| コメント (0)

涼子の "考察・可愛いについて "

カジュ通信 2016年 春・初夏号 〜 ノーテンキ通信 〜

「可愛い」について考えてみようと思います。

私はイマイチ、「可愛いもの」がわかりません。わからないまま、日常 この言葉を多用しています。

まず、人間の赤ちゃんや子供、あれは可愛いですか?
わかりません。
可愛いのは、パンダや柴犬のこどもです。とりあえず、フワフワした毛の生えた、丸い目の生き物だと思います。

ミッキーマウスやキティちゃんは可愛いのか?
いや、頭のデカい奇抜なモンスターです。頭や顔は小さい方がいいです。

可愛い日本人で検索してみました。石原さとみさんが一位でした。
わかりません。
唇厚すぎませんか? 私はトリンドル玲奈だと思います。ハーフだけど・・・純日本人で可愛いは無理だと思います。

ピンク色は可愛いか? いや、エッチな色だと思います。可愛いのは、ひよこ色。

・・・は!!  「可愛い」ってイコール「エロい」??
「可愛い」って・・・「エロく」て、「ちょっと崩れて」て、「親しみやすい」ってこと?
だったら、人間の子も、ミッキーもキティも、石原さとみでピンクも・・・納得!! 可愛い♥

荒木 涼子

| コメント (0)