ノーテンキ通信(RYOKO)

涼子の " 新春・ヲンナの決意表明 "

カジュ通信 2022年 新春号

新春号。

今年も頑張るぞ。

さて先日、近所の若い奥さんが、やはり近所の女子高生と話していた。
「17歳かぁ! 若っいなぁ!!」
と、奥さん。

隣に居たダンナさん、「え? オマエ、そうゆう感じ?」
17歳女子高生に対して、わざわざ「若い」と発言した奥さんに驚いた様子。17歳なんて娘だろ。同じ土俵に立ってる気なのかよ、と。

わかる。
でも断固わかりたくない。

だって私は奥さんより15歳上だけど、ドラマもアニメも常にヒロイン目線で見る。
ヒロインの親や先生や祖父母の世代になったって、
目線はいつもヒロインだ。

「北の国から」なら純でしょ、「ドラえもん」なら のび太でしょう!!
・・・ひろいんじゃないな。ヒーローでも、全く、ないな・・・。

とにかく、佐藤健や大谷翔平を見て「こんな息子がいいな」なんて、
絶対一生思わない!!
ちゃんとドキドキしてやる!
上がれない土俵なんてない!!

----以上、2022年、荒木涼子の決意表明でした。

| コメント (0)

涼子の " 秋のモヤモヤ "

カジュ通信 2021年 秋・冬号

秋なので、モヤモヤした話を。

海外に住む義姉親子が久々に帰省し、夫の実家で集まりました。
娘と一緒に選んだハンマーヘッドシャークのぬいぐるみ。

受け取った甥っ子、
「これ、売ってお金に変えていい?」

・・・え??
叔母とか、嫁とか、そんな自分の立場も忘れ、
「おい、そりゃないだろ!」と口が先に出てしまいました。
義姉が、「ごめんねぇ。遠慮がなくて」。余計にブチン。

「貰った物をどうしようがアンタの自由だけど、むやみに傷付けないでくれる? 少しは遠慮も覚えなきゃ駄目だよ!」・・・言い過ぎました。娘が慌てて、「もうぬいぐるみで喜ぶ感じじゃなかったんだよね。ごめんね、気に入らないもの選んじゃって」・・・大人すぎる。

うー、私が子供なのでしょうか? 子供に大人を求め過ぎですか?
でもでも・・・10歳の男子だったら、こんな酷いこと言っても許されるのでしょうか?

え? そもそもそんな酷いことでもないのでしょうか?

モヤモヤモヤモヤ。

まあ、我が娘の成長を知れて良かった。



| コメント (0)

涼子の " だから、料理は・・・ "

カジュ通信 2021年 夏号

以前、料理が嫌いだ、と告白しました。

たぶん、好きになることはないでしょう。

こんな私に「山菜の下処理」「梅仕事」「釣った魚」・・・
どうしろというのでしょう。

我が家は戸塚の奥の森の中。
春には筍。
フキノトウとタラノメのおまけ付き。
初夏には梅祭り。
海も遠くないので、釣りが趣味という知人も多く、ビニール袋いっぱいの魚。

7人家族ということがバレているので、海の幸、山の幸、
なんでも沢山頂きます。うち、いりません・・・言えません。
「こんなに頂いちゃっていいんですか?」毎度毎度「いつもありがとうございます!」

なんとか食べられる形になり、罰当たりな行為には及んでいないのですが、私と似たような人は居ないかと、なるべく駄目そうな仲間に「貰いもの困る件」を話したら、あからさまに引かれました。

慌てて彼女らの投稿を見たら、果実酒のビンが映えてます。
ピンチです。
みんな、いつの間に??

ああ、でも、お母さん。しばらく元気でいてね。

| コメント (0)

涼子の " ネコが来た "

カジュ通信 2021年春・初夏号

ネコを飼い始めました。

犬しか飼ったことのない私たち家族。
何の知識もないまま、テキトーにも近所の動物病院から野良猫を貰い、
ノラと名付けました。
野良だからノラ、ということですが、父が、一応、内田百間も意識しつつ考えた名前です。次女は学校の先生に「もう少し考えて名前付けてあげて」と言われたそうです。
ただのものぐさ、と思われてしまいました。
結構 インテリおしゃれネームなのに。

うちの三人の子供たち、とりわけ末息子に楽しい仲間ができるといいかな、と思ったのですが、息子、「犬の方が好きだー!」と突然怒り出し、皆の前で派手にお漏らししたりと、情緒不安定になりました。
ノラにやきもちを焼いたようです。

一番ネコを欲しがっていた長女は、仔ネコのやんちゃ具合に恐れをなし、逃げ惑う始末。
結局上手く付き合っているのは次女だけです。

しかし、老人とネコはよく似合います。
父はムツゴロウのように、若干怖いぐらい可愛がっています。

段々可愛くなくなる人間の子供たち。

ネコ、来て良かったです。

| コメント (0)

涼子の " 年賀状にもの申す "

カジュ通信 2021年 新春号

年始は年賀状の悪口から始まる。

「なんでこの写真選んだ?」だの、
「こんな大きくなった子供の写真送られても・・・何といえばいいんだ?」と、
友人や、少なくとも年賀状を送ってくれる仲の人々を悪く言いまくる。

小学生の娘達に引かれるぐらいの毒舌なのだが、年々毒が弱まってきている。
私も歳と共に丸くなってきた、のではなく、ネタが、毒を吐く対象が、どんどん味気なくなってきているせいだ。

家庭用のプリンターでぷりんとするために、写真が薄ぼんやりしている。
これじゃあダンナと奥さんの区別もつかない。娘だか息子だかわからない。
写真を使うなら、正々堂々と勝負しろ!
金か手間かどちらか使えー!!
虫めがねまで持ち出して、ぼやけた小さな写真に無理矢理毒を吐く。

「ハルト(10才)、ルア(6才)、ハルク(4才・♂)」あら、3人目生まれたんだ、
と思ったら、チワワだった。
この表現、一般化しているようだが、「ぷっ」というか「え?」というか・・・
物申したくなっちゃうのは私だけだろうか?

人の名前と犬の名前の区別なんてつけなくていい! 犬も家族だ! ごもっとも。

そもそも、こんな私に新年のご挨拶をくださる、それだけで素晴らしい。

リョウコ(44才・♀)

| コメント (0)

涼子の " 看護婦、ですか・・・。 "

カジュ通信 2020年 秋・冬号

夫の友人がTVに出た。

彼の仕事を讃える立派な内容だ。
すっかり関心して見入っていたが、彼の奥さんが登場してから気持ちが引いてしまった。
奥さんは可愛い看護婦さんであった。
「ああ、そういうことね」である。

敢えて看護「婦」とする。
看護婦は絶対的に人の役に立っているので自己肯定感充分、経済的にも自立している。強くて優しい、理想の母親像だ。

よって看護婦と結婚する男はマザコンだ。
好きになった人がたまたま看護婦だったということはないはず。
看護婦だから好きになる、そして結婚したくなるのだ。

昔好きだった人が、看護婦と結婚した。
「ああ、お前もか」。
夢老い人の打算を見た用でもあり、切なかった。

もちろん、「私じゃ絶対にダメだったわけね」という、どうしようもない完全な敗北感も感じた。

いつにも増して、偏見に満ちた文章。
念の為、私は看護婦をとても尊敬している。
関わる男性の悪口を書いたけれど、潔い種類の男だとは思っている。
嫉妬している私が醜い。

私の夫は看護婦の息子だ。
劣等感は続く。

| コメント (0)

涼子の " 旅自慢は拷問なの "

カジュ通信 2020年 春・初夏号

私は旅行の話が嫌いだ。

話している本人は、徳のある話を聞かせてやってるくらいにおもっているから
タチが悪い。
旅先が通な海外なら尚更。「○○紀行」なんて写真まで見せられたりする。
素人の写真で、人を感動させる事は、まず無い。
野生動物でも写っていてくれたらまだいい。「可愛い!」とか「私も見てみたい!」とか、一瞬でも嘘じゃないことを言えるから。

私は映画は好きだ。
「すっごい面白かったよ!」と勧められたら、素直に観てみる。

旅行もそうなのかもしれない。
魅力的なプレゼンをされたら「私も行ってみる!」・・・いや、できない。

映画と旅行、決定的な違いは、易々と真似できないという事。
お金が必要だ。

何とか遣り繰りして旅行を選ぶ人もいる。
その類のひとは、不思議とあまり話をしない。
「○○紀行」の類の人がお土産話をする。
私はその類の人に劣等感を抱いている。

・・・結局、懐も、心も貧しいから、旅行の話が嫌いということか。

認めたくないが・・・コロナな日々、快活な旅行好きより、
卑屈な映画好きのほうが順応するようだ。

負け惜しみで締め。




 

| コメント (0)

涼子の "もしもピアノが弾けたなら "

カジュ通信 2019年 秋・冬号

芸術の秋。

繰り返されるや親子の争い・・・ピアノ問題。
5年生の娘、ピアノの練習をやらないのです。

上手に大人として子供と話ができない私、毎度キレて、
「練習しないなら辞めてしまえ!」と叫ぶ。

すると娘、
「辞めるのは嫌ですー、ちゃんとやりますー、ごめんなさいごめんなさい」
絶対辞めたくなさそうだ。辞めたくないと毎度泣く。

少々冷静になって理由を聞いてみた。
「ピアノを弾くのは好きだ。レッスンに通う途中の道も好きだ。だけど
練習は嫌いだ」
理由になってなーい! またキレた。

ギャンギャン怒る母(私)に娘、
「ピアノは何も考えないで闇雲にやるには複雑すぎるんだよ!」
・・・ちょっと理解できるような発言。いや、解ってやっちゃいけない・・・。

・・・が、私もそうだったような。
絵が好きで、美術の先生が好きで、学校が好きだったけど、家で一人で描いたことが殆ど無い。
鳴かず飛ばずの原因だろう。

娘よ、母のようになるな。
練習して鳴け、飛べ、せめてもがけ!!

| コメント (0)

涼子の " 好きと嫌いのハザマ "

カジュ通信 2020年 新春号

お正月が終わった一月というのは、ただただ長いですね。

何度目かのねずみ年、犬の話をしたいと思います。

以前、私、ノーテンキ通信の中で、勇気を出して「料理が嫌いだ」と告白しました。
今回もちょっと勇気を出して・・・

私、犬が好きじゃないということに気付きました。

動物の中でも特に、猫よりも更に、犬が好きじゃないって、大分良くない人のような気がします。
怖くはないのです。ただ、あまり好きじゃない。

6歳まで、我が家にはパグ犬がいました。
その後6年間犬不在で、その間、小学生の私は、七夕の短冊に「犬が欲しい」と書き続けるほどでした。

12歳でやって来たビーグル犬、これが私の犬でした。
17年間大好きでした。
その犬が死んで以来、今日まで12年間犬不在で、同時に犬を好きじゃなくなりました。
家に居ないから、全体的に好きじゃなくなったようです。

これって・・・まるで彼氏のようです。・・・違うかな。

| コメント (0)

涼子の " 毛、毛、毛の毛 "

カジュ通信 2019年 夏号

いよいよ夏休みに突入してしまった娘2人と一緒に電車に乗った。

小学5年生の長女が「脱毛の広告の上に、増毛の広告貼ってあるー」
と言うので、車両を見回すと、
「ムダ毛・薄毛、毛・毛・毛・・・!」毛で溢れていた。

そうか、毛って、常に意識すべき重要課題なのか。

以前、娘の友達のママが、「全身脱毛した」と自慢していたことがあった。
少なくとも、私には彼女が誇らしげに見えた。

彼女はかなり太っている。化粧をしない。
が、全身脱毛する。
そして、それを人に話す。

私は「その前に、やる事いっぱいあるような・・・」と娘に話してしまった。

が、この広告の数!
変なのは、私か!

優先順位は人それぞれだなぁ・・・ということで、少々のスネ毛は見えないことにして、
この夏も楽しみたいと思います。

| コメント (0)

より以前の記事一覧