のむらあずささん。
大学時代からの友人にして、ともに布に魅せられ、
この時代に「手仕事」という恐ろしく"もーからん"ことを職業にしてしまった、
な・か・ま。 (笑)

いっしょにドイツのイベントにも行ったし、カジュ祭はたしか、皆勤じゃないかな? ・・・合掌。

ただいま、子育てと制作が同時進行中。

その様子は、カジュ通信の人気コラム、AZU通信、でご覧いただけます。
最近はすっかり子育て日記だねー。(笑)

楽しげで、肩の力が抜けたユーモラスなデザインの帽子や、染め布。でもそのひとつひとつ、どんな小さな小物でも、隙のないビシッと決まった仕事です。

「『帽子をデザイン制作しアドバイスや販売まで手掛ける帽子作家』として百貨店の催事、フロアショウやトークショウなどで、都内近郊を中心に活動しています。」
って、ほぼ一年中、どこかのデパートで展示してますよ、ほんと!!

脱帽です。

Nomura Azusa is an outstanding silk screen-printer and also a fantastic hat maker.
Her design of textile and hat is so lovely and full of sense of humor.
She is an original member of Trave Art Festival 2005 and column writer of a most popular page in Khaju News letter

She is caring two baby boys.
But she never says any excuse " because I'm busy for caring babies". She seems to enjoy everything anytime.

She shows beautiful hats, and fabric items for spring and summer during the three days.