キソウ(大舘泰子)

撮影場所:

たなか牧子造形工房に織りを学びに来た大舘さん。
その動機は当時勤めていらした障害者施設で、
織りの指導ができるように
なりたいというものでした。

現在は草花、自然、和、古物などをテーマに
いろいろなものを作ったり取り扱ったりして、
自らのブランド「キソウ」
立ち上げられています。

「福祉施設との企画なども行っており
今回はそちらを中心に出店させて頂きます。
盆栽や苔玉、バックやTシャツなどが並びます。」

福祉施設のプロダクツとタカをくくる事なかれ。
大舘マジックの珠玉の品々、
とくとご堪能ください。

Oodate Yasuko used to learn weaving at Khaju
to be ableto be an instructor of weaving at a welfare facility in Kamakura.
Now she has just established her own brand "Kiso",
keeps on presenting natural, traditional or up-cycling products
with disable people.