2024/06/14

タテはさだめ、ヨコはであい

448159527_7322273444544475_1701702011021 448340940_7327002517404901_6491870365042


本日の織り。
同じ経糸に、違うの緯糸の入れ方でバリエーションを色々試します。
小物の織りは実験場です。


「織っている時は無心になる・・・」というのが正しい織り人の答えみたいですが、私は大抵、夕飯の献立を考えたり、次のまち歩きやDIYの計画立てたり。


頭の中は煩悩でむっちむち。

| | | コメント (0)

2024/06/10

月イチ手芸部・6月

447673326_7166169166820864_5102737596097

鎌倉の紫陽花も咲き始めました❤️
紫陽花と一緒に手芸も楽しみませんか?

手芸部でお好きな手仕事をしながらおしゃべりしましょ🎶

16日 日曜日 14:00~

参加費 1000円(お茶・お菓子付き)

場所 鎌倉カジュアートスペース
〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂57−1

テキストもいろいろ揃っております。

※ こちらに講師はおりません。
※ 必要な道具材料はご自分でご用意ください。
毛糸の購入できます。

予約制となりますので参加ご希望の方は
📨 plus.m.handmade@gmail.com
または
Instagram @plus_m_ のDMまで
ご連絡ください。

お待ちしています!

お申込締切は
開催日前日15日17時までとなります。
よろしくお願いします🥰

| | | コメント (0)

2024/06/05

芒種

447631480_7285735821531571_7458464579042 447667154_7285735801531573_4972640640275


本日、二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」。

稲や麦などノギのある植物の種まきの時期、という意味があるそうです。随分遅かったんですね。


4月の頭に種まきして、苗にしてあった私の稲。

というわけで、今年もバケツとちっこい田んぼの田植え、完了!




| | | コメント (0)

2024/06/03

松本 工芸紀行2 「その人は、蝶。」



344387821_1208202786540904_4363455713423 Wwwtamabiac
(写真右 : 出典)

このところ、雨と晴天、雨と晴天・・が続き、カジュの庭はりっぱなジャングルになりつつあります。守護神イロハカエデにもたっぷりと蒼い葉が蓄えられて、それを下から見上げて、ひととき語らうのが、今の季節の日課です。

生きていれば大小様々心配事は尽きぬもので、それに囚われて気持ちが塞ぎそうになった時に慰めてくれるのはいつも、このカエデの木です。

樹齢はゆうに150年を超えていると思われ、それだけの年月、動かずに、花を咲かせ実をつけて、生き生きと生き抜いている。

敵が来ても逃げられない、というライフスタイルで、子育てをやってのけているです。

そこには、訪れるものすべてを味方につける覚悟が見えます。

風も虫も鳥も。害になるかもしれぬ台風でも日照りでも、皮を食い散らす小さな獣たちでさえ、味方につけてみせる、という揺るぎない覚悟がそこにはある。

日常生活の心配事も些事も、きっと何かの栄養になると信じてしっかり味方につけて、「やっつけ」や「消費」ではなく「糧」や「次の世代のための実り」につながる一手を打ってゆきたいと思います。

 

先週の松本出張は、私にとって大きな実りにつながる出来事でした。

素晴らしいお客様、出展者、スタッフに恵まれた展示ができただけでなく、幸運にも、敬愛するファッションデザイナーでアーティストでもある皆川明さんのお話を聴く機会にも恵まれまして。

「あまりにも多くのものを作り出して、それを短期間で大量に消費してゆくのではなく、良いものと長く付き合っていく世の中にしたいですね。たとえ少々値が張っても、長い目で見ればその方がお得ですしね。100年、200年うけつがれる手仕事をそういう考えのもので残したいですね」

手仕事の人間みなが思っていることを、すぱっと代弁してくださって、うれしい。

「今後、AIがさらに進化して、手仕事を追い詰めていくと思うのですが、どうしたらよいでしょう」という客席からの質問に対しては、

「AIをデータベース化するのがいいのでしょうね。たとえば、ある地域で廃れてしまった技術が、べつのところで役立つ、必要とされるということもあるはずです。また遠い国の伝統の手仕事の技が、私たちの新しい創造のヒントになることもあるはずです。そうした情報を国を超えてデータベース化することをAIに担ってもらうのがいいのでは」

シビれる答えでした。

AIと聞いただけで、手仕事に携わる私たちは「大いなる敵、現る」とつい身構えてしまいますが、皆川さんは、それすらも味方につけるビジョンをすでにお持ちでした。

まさに、樹齢150年のイロハカエデに通ずる智慧。

観客200人ほどのトークショーでしたが、皆川さんのお話は、きっとここからさざ波のように広がっていくことでしょう。

 

ご自身のブランド名「ミナ ペルホネン」はフィンランド語で「わたし、蝶々」という意味なんだそうです。

俗にブラジルにいる1匹の蝶のはばたきがテキサスで竜巻を起こすという「バタフライ・エフェクト」。

ミナガワ蝶の羽ばたきは、きっと大きな風を起こすにちがいありません。

 

私にできることは・・・この小さな羽ばたきを次につなぐ一手を、まずは身近なところから打っていくことでしょうか。

 

<おことわり>
文中の皆川さんのお話は、私の記憶を元に文字で起こしましたので、表現の違いなどはご容赦ください。また何らかの間違いなどは、すべてたなかの責任です。

 

 

 

| | | コメント (0)

2024/05/27

松本 工芸紀行 1

444480910_7236472496457904_7913965744879 444444813_7236472639791223_6594778029290 444490011_7236472626457891_5387552694375  


25日・26日、松本ぬのといと展に参加してきました。

長野県松本市は昔から工芸の盛んな土地柄で、民芸運動とも深い関わりがありました。その背景もあって、今でも工芸美術に対する意識が高く、特に5月はあちこちでいろいろな催しがたくさん企画されています。

もっとも有名なのは、同日程で組まれている松本クラフトフェアですが、今回はそれとは別に、とくに「布と糸」に特化した作家たちのマルシェが信毎メディアガーデンで企画され、そちらに呼んでいただきました。

松本の「工芸の5月」を楽しみに遠方から泊まりがけでいらっしゃるお客さまも多く、大変充実の2日間でした。

松本の街の様子も後日、お伝えいたします。

| | | コメント (0)

«初夏散歩