« 2007/10/02 | トップページ | 2007/11/15 »

2007/11/09

2007/11/09

染め商売

1

以前から、私の仕事は通信販売ではうまくいかない、という頭がありました。
布のテクスチャーを画面上の写真だけで伝えるのは無理だよ、という気持ちがあったからです。

しかし、地元のいいものをたくさん紹介している「鎌倉ツリープ」さんのアドバイスをいただいて、「最初からあきらめず、やってみましょうよ」ということになり、この夏から草木染めのスカーフを展開してみることにしました。
うちのようなチンコイ工房では、制作とマーケティングを両立させるのは、時間的にとても難しいものがあります。
先月行ったドイツ人アーティストたちとのアートシンポジウムのメイキングでも痛感しましたが、ネットは、使う側が賢ければ、大変有用なツールです。

最近、中学生の息子とゲーム機のことでもめました。
私は反対派で、基本的に買い与えない方針で
小学校時代を終えたのですが、なんと、私に隠れてこっそり中古品を(この辺がアタシの息子よね、えらいっ。)購入していることが判明しました。
そのために周囲にいらん嘘をついていたことが私にはたいそうショックで、かなり落ち込みましたが、「そうよ、ネットだって、携帯だって、今後避けては通れないのだ。だったら賢くつきあう方法をいっしょに学ぶしかない」と腹をくくりまして、息子とじっくり話しました。

ま、そんなこともあって、スカーフも、ネット販売してみるか、という気になった訳ですが、
実際、草木染めの微妙な色は、写真で正確に伝えるのは至難の技でして、鎌倉ツリープ吉原氏、天気を鑑み、加工を施し、本当の色に迫ろうと涙ぐましい努力をしてくれました。

このスカーフのシリーズ、お陰さまでたいへんご好評をいただきまして、鎌倉の季節の移り変わり、その自然の色の力をその季節ごとにお届けしたいと思い、第二シリーズ、秋冬編をただいま展開中です。お求めは「鎌倉ツリープ」(鎌倉路地フェスタでも、オフィシャルサイトを手がけてくれました、鎌倉の総合ポータルサイト)でお願いいたします。心のこもった美しいページをぜひ、覗いてみてください。

第二シーズンはキンモクセイ・イロハカエデ・ビワ・ススキの4種類です。


¥4,800

実物は、いつでもカジュで見られますよ。

| | | コメント (2)

ススキ ・ 黄

Susuki01

イネ科の植物、ススキ。
今年、鎌倉界隈では穂が開くのが遅かったように思います。
野原で見かけるイネ科の植物には他に
オギ(荻)、カリヤス(刈り安)などがありますが、
どれも、アルミや錫の媒染で、美しい様々な黄色が出ます。

総称して茅(カヤ)ともよばれます。そう、茅葺き屋根のカヤです。

鎌倉にも十二所(じゅうにそ)に一軒、茅葺きのお家がありましたが、
年々傷みが激しくなって、どんどん朽ちてゆくのを見るのは
つらいものがありました。

今では、カヤを集めることも、それを屋根に組む人手を集めることも
不可能になってしまいましたから、修復には莫大な費用がかかると言います。

昔は、定期的に草刈りをして、茅野(かやの)を意図的に村のそこここで維持していたそうです。
野原は、人が手を入れませんと、どんどん「成長」してしまい、林から森へと変遷していきます。
その里山の林や森も、
人が上手に利用することによって
健康な状態が保たれるのですが、
今では、そこにある豊富な資源が、
私たちの日常生活で生かされることは、
ほとんどなくなってしまいました。
資源は身近なところにあるのに、
わざわざそれに代わる石油製品を買っているのですから
ほんと、もったいないことです。

そんなことを思いながら、
毎年、夏の終わりから晩秋にかけてススキから色をいただいています。
写真は、瑞泉寺にほど近い永福寺(ようふくじ)の跡地のススキ野です。
ここは、定期的に市が刈り込みをするので、
「野原」の状態がうまく保たれています。
10月の初旬から晩秋にかけて時々、葉っぱをいただきにいきます。

ここのススキ野には、ススキと一回り大きいオギが混在しています。

Susuki03

オギは、葉っぱが短く、穂が少し赤味を帯びています。

開ききる前の穂には独特のつやがあって、
そのころの風のわたる野原のさまは、
プラチナ色の波が幾重にもたなびく絶景です。

そんな息をのむほど美しいすすき野も、
もう、あるのが当たり前ではありません。
私たちが意識して残していこうと思わない限り、
年々確実に失われてゆきます。

【つるの機織り道】
 
【繊維のこと】
   
【つるの羊ざんまい】

【つるの徒然日記】
 
 

| | | コメント (0)

« 2007/10/02 | トップページ | 2007/11/15 »