« 2007/11/18 | トップページ | 2007/11/21 »

2007/11/20

2007/11/20

カシミアの謎

Mtcashr
Kasimir01
Kasimir02

カシミア(cashmere)。

1000年ほど前からインド北部のカシミール地方に生息するヤギさんです。羊は山羊を含めて600種類いると言われていますが、その中でも特に小柄な部類です。

種類にもよりますが、一頭の羊からは約1〜3キロの毛がとれるのですが、このカシミアの内毛は、その中のたった200グラム程度で、しかも刈り取って、精錬や整毛をして紡げる状態になるころには、100グラムに満たない量になってしまいます。

羊毛には、その羊によって様々な特徴がありますが、総じて、艶のある繊維は重く、軽い繊維には艶がない場合が多いのです。
しかしカシミアの内毛は、羊毛・獣毛の中で、もっとも軽く、繊維が細いもののひとつでありながら、且つ、光沢があるのです。その内毛が「繊維の宝石」と呼ばれて太古の昔から珍重されている所以です。

もともと寒冷の高地を好み、湿気と暑さに弱く、飼育には技術を要するため、近年の温暖化と飼育者の後継者不足で、数が激減しています。
黒、茶色、白がいて、市場に出回る染色の出来る白が、実は特に少ないのです。
現在の生息地は、インド北部、中国、アフガン、モンゴル、ロシアの一部と言われていますが、いずれにしても、昨今、量販店で「カシミア100%」の表示のもとで、あれだけの量を、あれほどの安価でまかなえるほど、数がいるとは到底思えません・・・。

どんなからくりになっているのでせう???

| | | コメント (2)

« 2007/11/18 | トップページ | 2007/11/21 »