« 2008/02/02 | トップページ | 2008/02/07 »

2008/02/05

2008/02/05

学べるヨロコビ

Clss_exht03
Clss_exht06
Clss_exht05

1/31までのたなか牧子造形工房の教室展は、特に寒い一週間だったにもかかわらず、予想を遥かに上回るたくさんのお客様にお越しいただき、盛況のうちに終了いたしました。

思いっきり自慢ですが、「え、これ、非売品なの? 欲しかったのに・・・!」という声もたくさん聞かれるほど
魅力的な作品が多かったですね。

前の日記にも書きましたが、私自身、とても勉強させていただきました。例えば、得意で多用している「浮き織」という技法。同じ技法なのに着想が違うと、全く印象の違うものができる・・・これはほんとうに不思議です。
自分では苦手意識からなかなか手を出せないでいる色も、「なるほど、このように使えばこんなに素敵に・・・!」 と目からウロコがぽろぽろおちる発見がたくさん。

織りや染めは、ゴールの遠い仕事です。結果がすぐ出るのが当たり前の今の時代では、制作のモチベーションを保つのは難しい面もあると思います。ですが、いろいろな「答え」はその長いプロセスの中にこそ、潜んでいるのだと思います。そして、皆さんが作られたものの輝きは、お世辞抜きで、けっして付け焼き刃では出ないものです。そんな輝きのあるものは、人に使われることによってさらにメッセンジャーとして心を届けてゆくのだと思います。

そんな現場に立ち会えたことを、心からうれしく思いました。これからもどうぞよろしく。お互い、素材との真摯な会話を通してイイモノ作って参りましょう。

感謝。

会場の様子はこちらのアルバムをご覧ください。

| | | コメント (2)

« 2008/02/02 | トップページ | 2008/02/07 »