« 2008/11/03 | トップページ | 2008/11/20 »

2008/11/04

2008/11/04

風・華・水

Nobuko_maya

昨日は、展覧会の最終日を大谷さんに任せて、すぐそばの西御門サローネ(旧里見弴邸)で、長年の友人のライブに行ってきました。

Nobuko.こと馬場信子さんは、12年前、カジュがまだボロボロのお化け屋敷だった頃に出会いました。お琴の教室ができるところを探しておいでだったのです。どこの馬の骨とも知れない私、ほんとにここで?!とみんなが危ぶむほど荒れていた建物・・・だったにもかかわらず、「力を合わせていい場所にいたしましょう!」とポジティブ・オーラをキラキラさせながら、最初の仲間になってくれたヒトです。以来、ご自分の教室の運営だけでも大変だったでしょうに、カジュ全体のために、影に日向に動いてくださいました。

マヤとはもっと不思議な出会いで、もう7年ほど前になります。逗子のCHAHATというお店に納品に行ったとき、たまたまお客できていたのが彼でした。でも、実はそれより半年も前に偶然ネットショップで買ったインディーズのCDがマヤのものだったという曰く付き。
それからCHAHATのメンバーとカジュに来るようになり、琴奏者を探していたのでNobiko.さんを紹介したら、それ以来、お互いのCDやコンサートでたびたび共演することになったようです。

今回の演奏で見せた二人の息の合いようは、もう極上のワインの域。そよ風が吹くような心地よさと、花が咲き乱れるような華やぎと、霧の立ちこめるような瑞々しさ。ご年配のお客様に配慮した優しい選曲と丁寧で楽しいMC(マヤがあんなにしゃべるなんて!)。私の活動には全く関心のない父をちょっと教育しようと(!)無理矢理連れ出したのですが、楽しそうにしてくれてほっとしました。

やさしい時間に心の芯まであったまりました。

| | | コメント (0)

« 2008/11/03 | トップページ | 2008/11/20 »