« 2009/08/22 | トップページ | 2009/09/02 »

2009/08/31

2009/08/31

死ぬるといふこと。

10年ほど前に、トランぺッターの近藤等則さんとお話しする機会がありました。もともと、理科系だった近藤さんがなぜミュージシャンになったのか、という話になって、「あるとき、ふと、死ぬ瞬間から逆に人生を見てみたんですよ。そこから逆算するように人生を見てみた。で、あ、やっぱミュージシャンになろうと。」

最近、親の死に立て続けに立ち会って、人間は死ぬために生きるのだと痛感しました。そして生き様はすなわち「死に様」なのだと。
いつ死ぬかがわからない以上、いかに死ぬかを想像するのは難しいことですが、近藤さんのように死ぬところから逆に人生を見るというのは、かなり今の人生を変えるアプローチですね。

夏休み中にベンジャミン・バトンおくりびとを観ましたが、どちらも近藤さんの「逆算の視点」が感じられました。

今の自分のライフスタイルは、死ぬ瞬間がきても悔いのないものだとは思えるのですが、私の息子は果たしてそう思ってくれるかな、とよく考えます。

今はわかってもらえない様々な思いをいつか彼に理解してもらえるには、どんな死に方をすればよいのだろうと、台風に見舞われた夏の終わりに想うのです。

| | | コメント (3)

« 2009/08/22 | トップページ | 2009/09/02 »