« 第7回鎌倉路地フェスタ・無敵のメンバーたち | トップページ | ユキノシタ・美味しい東雲色(しののめいろ) »

2012/05/30

イラクサ(根)・雀茶色

Choma1205  546577_242062705898953_10000285676

さぁて、今年もまた、カジュの庭にイラクサがお出ましになる季節となりました。

この季節には毎年、2,3回は刈り取った葉っぱと茎で染色をします。時期によって、また煮出す時間などによって、イラクサは色が変化するのですが、大体、黄色、黄緑色、海松(みる)色、焦げ茶色あたりが染まります。

先々週、カジュの裏庭に畑を作った際、耕した土から、たくさんイラクサの根っこを掘り起こしまして、これが「これは煎じなきゃ失礼だわ」というぐらい立派だったので、初めて「根」を染めてみることにしました。

これがなんと、ビワサンゴジュもびっくりの「赤茶」になったのです!
イラクサ、ただ者ではないとは思っていましたが、こんなに「根に持つ」輩(やから)だったとは。

赤みを強くするため、煎じ液を一晩寝かせて、翌日銅媒染で染めました。古代色でいう「雀茶色(すずめちゃいろ)」。カラダの芯がほっこり温まる色です。

|

« 第7回鎌倉路地フェスタ・無敵のメンバーたち | トップページ | ユキノシタ・美味しい東雲色(しののめいろ) »

鎌倉・染色彩時記(染)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第7回鎌倉路地フェスタ・無敵のメンバーたち | トップページ | ユキノシタ・美味しい東雲色(しののめいろ) »