« 2013/10/12 | トップページ | 2013/10/14 »

2013/10/13

2013/10/13

ガマ・人助けのチョコレート色

Gamanoho01_2 Gamanoho02_2

【学名】  Typha latifolia L.
【英名】  Typha
【別名】  ミスグサ(御簾草)
【生薬名】 ホオウ(蒲黄=花粉)
【科】   ガマ科 

学名のTypha(ティファー)は、ギリシャ語の「沼(tiphos)」が語源。

葉と茎で、蓆(むしろ)・籠(かご)・簾(すだれ)をつくるので、御簾草(みすぐさ) という古名があります。
むしろを「組む」ことから   「くみ」(組)と呼ばれ、 次第に「かま」になり「がま」になった、という説や、日本語のルーツにあたるアルタイ語の葦(あし)を意味するカマが、日本語ではガマと呼ばれるようになったという説などが見当たります。

ガマの花粉は金粉のようで、江戸時代にはこれを蜜でこねて団子にしたものがおやつに売られていたといいます。
インドの一部や南太平洋の島では今でも花粉を練ってパンのようにして焼いて食用にしているといいますが、どなたか食べた方、いらっしゃいますか?

春先の若葉、根元の白い茎は、天ぷら、ゆでておひたしで食べられます。また花粉は、民間薬として昔から知られており、利尿作用の他、シャクヤクやトウキと一緒に服用すると、収斂生の出血を止める効能、そのまま塗れば、切り傷、火傷に効くといいます。

穂は晩秋にはじけ、綿毛となって飛び散るが、昔はこれを綿入れの中身としたり、灯心、火打石の発火物などに利用されてきました。

日本書紀にでてくる、オオクニヌシノミコトがサメに毛をむしられた因幡の白ウサギの話で用いられたのは穂の綿毛(→花粉)。日本で最初の薬草による医療行為の記録とされています。

穂が矛(ほこ)に似ているところからこれを蒲鉾とよんだ。魚肉のつみれで作る2世紀頃作られた日本最古の蒲鉾は、現在のものとちがい、まさに蒲の穂によく似た形をしていました。

Saikokamaboko(photo from here)

アルミで櫨色(はじいろ=赤みのベージュ)、銅で黄色味の茶色、鉄でチョコレート色。どれも穂の色を連想させる温か味のある色です。

花言葉は、「無分別」「慌て者」「従順」「素直」「救護」「慈愛」「包容力がある人」。

参照サイト/文献
http://www.e-yakusou.com/
http://www.hana300.com/
http://members.jcom.home.ne.jp/tink/
http://www.e-sutokama.com/kamaboko/type.html#rekishi
・「季節の野草・山草図鑑」高村忠彦/監修  日本文芸社
・「よくわかる樹木大図鑑」平野隆久/著 永岡書店
・「和漢三才図絵」第97巻/寺島良安
・「食べる薬草事典」村上幸太郎/著 農分協

(C) Tanaka Makiko    たなか牧子造形工房  禁転載

| | | コメント (0)

ネズミモチ・滋養強壮の焦げ茶色

Nezumimochi01

【学名】   Ligustrum japonicum
【英名】   Japanese privet
【別名】   タマツバキ
【生薬名】  女貞(じょてい=樹皮、葉) 女貞子(じょていし=実)
【科】    モクセイ科

学名の「Ligustrum(リガストラム)」は、ラテン語の  「ligare(縛る)」が語源。  この植物の枝で物をしばったことに由来します。
和名は、葉がモチノキに似ており、実がネズミの糞のようであることから。

生薬で女貞子(じょていし)と呼ばれる果実には、トリテルペン、マニトール、脂肪酸など含有。強心、利尿、緩下、強壮、強精薬として古くから用いられています。
内臓の諸器官を丈夫にするとし、肝臓、腎臓、腰膝を強くして、精力も養い、若白髪、月経困難にも効き目があるとされています。

果実を1日量5〜10gを煎じて3回食間に服用、または、果実200g、同量の砂糖、ホワイトリカー1.8リットルに漬けて6ヶ月程度保存、布でこした果実酒を1日3回20ミリリットルずつ飲みます。

鹿児島地方では、田の神・農耕の神としてこの木を大黒様に奉納する風習があり、大黒様の木という意味で、このネズミモチは「デコッサーノキ」と呼ばれ、親しまれているそうです。

カジュには鳥の糞が種を運んで発芽したものが知らない間に成長し、今では大木が2本、小さい木 が2本あります。その成長の速さがねずみ算的で、圧倒されてしまいます。

あまりに身近な上、「ネズミ」かい、とちょっと軽く見ていたのですが、これほどの薬効のある植物、しかも神様に奉納されているとは露知らず、たいへん失礼いたしました・・・。

剪定時に枝葉で折々染めています。液はあまり濃い色にはなりませんが、色はどの媒染でも濃く、安定した美しい黄色、朽ち葉色、焦げ茶などを得られ、重宝です。

ネズミモチでは花言葉が見つからなかったのてすが、英語名のprivetがイボタノキを表しており、 このイボタノキの花言葉は「禁止」です。・・・なにを禁ずるのでしょうね。(笑)

・http://had0.big.ous.ac.jp/index.html
・http://www.hana300.com/
・http://members.jcom.home.ne.jp/tink/
・ http://www.e-yakusou.com/
・「よくわかる樹木大図鑑」平野隆久/著 永岡書店
・「続・草木染め 染料植物図鑑」 山崎青樹/ 著 美術出版社
・「続・ウールの植物染色」 寺村 祐子/著 文化出版局
・「よくわかる樹木大図鑑」平野隆久/著 永岡書店
・「続々・草木染め 染料植物図鑑」 山崎青樹/ 著 美術出版社
・「新和英中辞典」 研究社


(C) Tanaka Makiko    たなか牧子造形工房  禁転載

| | | コメント (0)

ムラサキシキブ・引き立て役のうぐいす色

Murasakishikibu01

【学名】   Callicarpa japonica
【英名】   Japanese beautyberry
【別名】   みむらさき、玉紫(たまむらさき)、こめごめ
【科】      クマツヅラ科  (シソ科)

学名のCallicarpa(カリカルパ)は、ギリシャ語の 「callos(美しい)+carpos(果実)」が語源。 北海道南部、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮半島、台湾、中国の山地に自生する植物です。

紫色の実をびっしりつけることから「紫敷き実・紫重み(むらさきしきみ)」と呼ばれていたものが、  いつのころからか源氏物語の作者紫式部を連想させてこの名になったとの説があります。

山野に自生するものは実が大きく、これより小振りの実が連なるようにつくものが「コムラサキ」とよばれ、園芸によく用いられています。
鎌倉の寺社にもよく見かけられ、特に大巧寺(おんめさま)のそれがとくに有名。
その気品ある紫の玉は、鎌倉に秋の深まりと冬の到来の近いことを告げます。

11月下旬、工房近くの漆芸のお店「龍山」の店先に見事な実を付けたムラサキシキブがあり、少し枝葉をわけていただきました。

煮出すと、その姿に似た切れのいい辛口の香りがします。
アルミでモスグリーン、鉄や銅で深いひき茶色や海松色になりました。
どの色もムラサキシキブの実の紫色をもっとも美しく引き立てるような色合いです。

実のつく前の夏の枝葉を乾燥させて生薬とします。
寄生性皮膚病には、生の葉を潰して、葉の汁を患部に塗布するか 乾燥した枝・葉を、適量の水で煎じた液を患部に塗布するとよいそうです。

ムラサキシキブの熟した果実を採取して、3倍量の35度ホウイトリカーと氷砂糖少し入れて、3〜4ヶ月程度で、ハーブの香りのするリキュールができます。

ムラサキシキブの同属の植物は、魚に有毒で人には無毒な成分があり、南太平洋のヤップ島やパラオ島では、野生するムラサキシキブやコムラサキ属の枝葉を、石で叩き潰した汁を流して魚を採る漁法があるそうです。

花言葉は、「聡明」「上品」「愛され上手」「聡明な女性」
10/18・10/21・11/4の誕生花。 秋の季語。

参照サイト/文献

http://ja.wikipedia.org/wiki/ムラサキシキブ
http://www.hana300.com/
http://www.e-yakusou.com/
http://members.jcom.home.ne.jp/tink/botan/flower2/flowers.htm
http://plant-name.seesaa.net/
http://211831.jp/blog3/?p=133
・「原色牧野日本植物図鑑 コンパクト版 1」 北隆館
・「続・草木染め 染料植物図鑑」 山崎青樹/ 著 美術出版社

(C) Tanaka Makiko    たなか牧子造形工房  禁転載

| | | コメント (0)

モッコク・人情味の赤茶

Mokkoku02

【学名】  Ternstroemia gymnanthera
【英名】  Evergreen Tree
【別名】  水木犀(みずもくせい)、 アカミノキ(?)
【科】     ツバキ科

 

漢字では「木斛」。花の香りが「セッコク」(石斛,ラン科)に似ていることから,モッコク(木斛)と呼ばれるようになったという説、インド原産の香木「モッコウ(木香)」と間違われて名付けられたという説などがあります。
花や材に香りがあるため,中国では「厚皮香」というそうです。
学名でモッコク属を表す「Ternstroemia(ターンストロエミア)」は18世紀のスウェーデンの自然科学者、Ternstroem にちなみます。

別名「アカミノキ」と記されたサイトや文献がいつくか見当たるが、染色の世界でアカミノキといえばマメ科のログウッドを示すのが一般的で、まったくの別人。
ログウッドは数少ない木綿や麻が染まる染料として有名で、特に鉄媒染で美しい黒を得ることができ、最近ではヘナにかわって白髪染めとしても人気がありますね。

モッコクでも鉄で黒は出ます。八丈島には、カテキュー(マングローブの煎じ液の固形)が出回るまで、モッコクの煎じ液を魚の網の耐水加工の染料に用いていたという記録が残っているそうです。

樹皮にはタンニンを含み、材部にはサポニンの一種、種子には脂肪油、ヒドロオキシエリスロジオールを含むことが知られ、生薬としても利用価値があります。
痔には、乾燥葉1回量5〜10gを水100ccで1/3に煎じて服用。 食あたりには乾燥した樹皮を1回量3〜6gを水400ccで1/2に煎じて服用するとよいそうです。

カジュの庭には、いつの間にかモッコクの木が3本も生えていました!
鳥の糞が種を運んだ「実生(みしょう)=接ぎ木などではなく、種から芽吹き成長)」です。
成長が早く、すぐに大きな木になってしまいます。冬に葉の何枚かがとても美しく紅葉します。

ツバキ科によく見られるように、モッコクも銅媒染で赤味の茶色が得られます。
アルカリ抽出すると赤味が増すようです。

花言葉は「人情家」。

参考サイト/文献

http://had0.big.ous.ac.jp/index.html
http://members.jcom.home.ne.jp/tink/
http://sasa23.hanagumori.com/9gatu60.htm
http://biwa28.lolipop.jp/msearch152/drugstore/Table32.htm#6187
http://kawasakimidori.main.jp/webzukan/mokkoku.html
http://kanon1001.web.fc2.com/foto_sinrin/K_tubaki/mokkoku/mokkoku.htm
・「草木染め 染料植物図鑑」 山崎青樹/ 著 美術出版社
・「よくわかる樹木大図鑑」平野隆久/著 永岡書店


(C) Tanaka Makiko    たなか牧子造形工房  禁転載

| | | コメント (0)

トマト・アンデスの渋き風

Tomato Tomato_2012_09_24 Tomato02

【学名】  Lycopersicon esculentum, Solanum lycopersicum L.
【英名】  tomato 
【別名】  赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)、唐柿(とうし/からがき) 
【科】    ナス科 

南米アンデス地方原産。
学名のLycopersicon(リコパーシコン)は、ギリシャ語の「lycos(オオカミ)+ persicon(モモ)」が語源で、「味の悪い桃」という意味です。

もうひとつの学名のSolanum は古いラテン語で「安静」の意味があり、この植物の仲間(ジャガイモ、ナスなども)にはみな気を鎮める効果があるとされています。

日本には江戸時代の寛文年間(1661〜1672)頃に長崎へ伝わったのが最初とされていて、当時は観賞用だったそうです。(食用となったのは明治以降。)

和漢三才図絵にはトマトと近種の竜葵(りゅうき=イヌホウズキ Solanum nigrum)が漢方薬として紹介されている記述が見当たります。近年では抗がん作用がある事がわかり、注目されていますね。

古くはラブ・アップル呼ばれていたこともあります。これはコルテスがメキシコからヨーロッパにトマトを持ち帰った頃、トマトはpomo dei Mori(ムーアのりんご)と呼ばれ、これがフランス語でpomme d'amour(愛のりんご)に転じたという説や媚薬として用いられたという説などがあります。
もともとはアンデスのインディオ達がトマトル(黄金のりんご)と呼んでいたのがトマトの語源です。

アメリカ大統領トーマス・ジェファーソン(1801– 1809)が、当時アメリカではトマトには毒があると信じられていた中、公衆の面前でトマトを食べて見せたという話は有名だそうで、そう言えば、以前、菅もと首相がテレビカメラの前でカイワレ大根を食べて安全性をアピールしたことがありましたっけ。何処も国の元首は大変です・・・。

熟した果実には、リンゴ酸、クエン酸、アデニン、トリゴネリン、コリンを含有して、ビタミンA、ビタミンCを多く含みます。
肌荒れ、血液浄化、高血圧予防、免疫力増強、冷え性、貧血などには生食するとよいそうです。

去年、畑に友人もらったプチ・トマトの苗を植えたところ、その葉や茎を触ると手がアクで黒くなったので、これはきっと堅牢な色が染まるに違いないと思い、実の収穫を終えた初秋に染めたところ、たいそう美しい緑からひき茶色が得られました!

トマトはアンデス原産のせいか、水をあまりやってはいけないそうで、その"乾いた風"のイメージが、染め上がった緑色に感じられます。

俳諧では、夏の季語。

花言葉は「完成美」。

◎参照サイト/文献◎

http://www.e-yakusou.com/
http://www.american-presidents.info/
http://had0.big.ous.ac.jp/
http://members.jcom.home.ne.jp/tink
http://www.hana300.com/
http://ejje.weblio.jp/
・「和漢三才図絵」/寺島良安 第94巻
・「原色牧野日本植物図鑑 コンパクト版 1」 北隆館
・「新和英中辞典」 研究社

| | | コメント (0)

« 2013/10/12 | トップページ | 2013/10/14 »