« 2013/10/13 | トップページ | 2013/10/15 »

2013/10/14

2013/10/14

ヒノキアスナロ・鎮静の櫨色(はじいろ)

Asunaro02 Asunaro01

【学名】  hujopsis dolabrata Sieb. et Zucc. var. hondae Makino
【英名】     Hiba, False arborvitae, Hiba arborvitae (=いずれもアスナロ)
【別名】  アオモリヒバ(青森ヒバ)
【生薬名】 アスナロン(精油)
【科】      ヒノキ科 アスナロ属

アスナロ(翌檜、明日檜= 別名ヒバ(檜葉))の変種で、日本各地に自生する日本古来の針葉樹。
アスナロは、枕草子にも「あすはひの木(明日檜木)にや。世俗にあすならうといふ木なり。檜の木に似て、材木につかふ物也」という記述があり、実際輪島塗りの木地にも使われています。
アスナロ、ヒノキアスナロ、ヒバの名称は地方によって混同されていることが多く、特定するのは意外と難しいです。

ちなみに、井上靖さんの「あすなろ物語」のアスナロは、作者の郷里の方言でイヌマキを指していて、どうやらアスナロではないらしいです。

抗菌・抗カビ・抗ダニ作用にすぐれた効果をもつ「ヒノキチオール」という成分がありますね。
俗にヒノキの香りのもととして認識されていますが、実は日本のヒノキにはほとんど含まれていないことをご存知でしょうか。(!!)

ヒノキチオールをもっともよく含むのが、このヒノキアスナロからとれる精油「アスナロン」で、現在ではその抗菌作用、毛髪の発生/成長を促進させる作用により、創傷の治療薬、白癬の治療薬、円形脱毛症の治療薬、歯槽膿漏の治療薬などとして用いられています。
「抗菌」についてはニオイを嗅ぐだけでも効果があるという報告もあります。

「ヒノキチオール」の名前がついた背景には、最初これをよく含むタイワンヒノキ(ヒバの一種)から抽出されたことによるそうです。

ちなみにヒノキの香りの成分はアルファカジノール、アルファピネン、リモネン、アルファカジネン、 T-カジノールなどで、ヒノキチオールのそれとはやや異なりますが、やはりいい香り!

カジュの裏庭には、このヒノキアスナロの大木があり、晩秋から冬にかけて、葉が抜け替わり、たくさんの茶褐色の種子を落とします。

これを集めて染色してみた例は文献には見当たりませんが、。煮出し始めると、鍋からヒノキチオールの独特の香りの湯気が立ち上りました。嗚呼、いい気持ち。心もカラダの鎮まります。

銅媒染の櫨色(はじいろ=赤みのベージュ)がきれいでした。

この秋、ネイティブ・アメリカン(サーニッチ族)の友人、ポール・チェ・オクトゥン・ワーグナーがカナダから遊びに来てくれて、本場のドリームキャッチャーのワークショップをしてくれました。

サーニッチ族にとって、スギ、ヒノキ、アスナロなどのいわゆるシダー(cedar)は神聖な木とされていて、このドリームキャッチャーも必ずシダーで枠を作ります。
今回は、工房の庭にあるこのヒノキアスナロの枝をポールが自ら切って、材料にしました。

Dcws01 Dcws02 Dcws03
Dcws04 Dcws05 Dcws06
 

アスナロ(=ヒバ)の花言葉は、「不変の友情」「不死」「不滅」

参考サイト/文献

http://ja.wikipedia.org/wiki/アスナロ
http://www.asahikawa-med.ac.jp
http://members.jcom.home.ne.jp/tink/
http://www.mir-world.com/hinoki.html
http://plantdb.ipc.miyakyo-u.ac.jp/php/view.php?plant_id=10803
http://www.hinokiminka.jp/hinokiminka/kaorinokouyou/
・「続々・草木染め 染料植物図鑑」 山崎青樹/ 著 美術出版社
・「よくわかる樹木大図鑑」平野隆久/著 永岡書店
・お話→きらくなたてものや(日高保氏)http://blog.goo.ne.jp/kirakunat/

| | | コメント (1)

ヤブカラシ・意外とヤワなシルバーグレー

Yabukarashi04

【学名】   Cayratia japonica
【英名】   Sorrel vine
【別名】   ビンボウカズラ(貧乏葛)
【生薬名】  ウレンボ(烏瀲苺)
【科】    ブドウ科 

学名のCayratiaはベトナムでの呼び名を学名の形にしたもの。
日本全土の道端、川べり、野原などによく見られるつる性の多年草です。これに巻き付かれるとその植物が枯れてしまうほどの勢いがあることからこの名があります。

実際、工房の庭にも夏になると、音もなく植え込みや畑の合間に現れ、まばたきをしている間にぐんぐん伸び、油断していると、背後から忍び寄ってきて、絡めとられてしまうような恐怖を感じさせる草です・・・。

ところが意外とすんなり抜けたりするところが案外かわいらしかったり。

夏から秋に全草を採取して天日で乾燥させたものを生薬で、烏瀲苺(ウレンボ)というそうです。(薬になるとは恐れ入りました。)
煎じたものを服用して利尿、鎮痛、神経痛、解毒に、また、腫れ物、虫刺されには、生の葉をすり潰して、汁をつけます。
新芽は充分に茹でてアクを抜き、和えものや酢のもので楽しめます。

葉の鋸歯の間には水孔という穴があり、湿度の高い早朝には水孔から押し出された水滴が葉の回りにたくさんつきます。
夏場につぶつぶした花をつけ、秋にはブドウ科らしくマブドウのような実をつけますが、大変渋い・・・。

これほどの勢いと、見るからにアクの強そうな印象から、さぞ濃い色が染まるに違いないと勇んで染めてみましたが、意外とあっさり味。
アルミ媒染で青みのグレーになったのがおもしろいかったです。
アルカリ抽出でも劇的な変化はありませんでした。
銅媒染の金茶がとても美しいです。

花言葉は、「攻撃性に富んだ」「積極性のある」。

参考サイト/文献

http://www.e-yakusou.com/
http://had0.big.ous.ac.jp/index.html
http://www.hana300.com/
http://members.jcom.home.ne.jp/tink
http://www17.plala.or.jp/tetraodon/hanaindex/subyabugarashi.html
・「続・草木染め 染料植物図鑑」 山崎青樹/ 著 美術出版社
・「季節の野草・山草図鑑」高村忠彦/監修  日本文芸社
・「よくわかる山菜大図鑑」今井國勝・今井万岐子/著 永岡書店

(C) Tanaka Makiko    たなか牧子造形工房  禁転載

| | | コメント (0)

ハギ・うつむいた白橡色

Hagi01 Hagi07

【学名】   Lespedeza japonica(シラハギ)
      Lespedeza bicolor(ヤマハギ)
       Lespedeza buergeri(キハギ)
       Lespedeza cuneata(メドハギ)など数種あり。
【英名】  Bush clover, Japanese clover
【別名】  鹿鳴草(しかなぐさ)、そとな草、玉見草、庭見草
【生薬名】 夜関門 (メドハギ)
【科】   マメ科 

学名のLespedeza(レスペデーザ)はハギ属を示すが、 18世紀後半のアメリカのフロリダ州知事のV・M・デ・セスペデス(Cespedes)の名が誤植で Lespedez になったことに由来するそうです。
「萩」は日本独自の漢字で、ほかに「芽子」「生芽」の字をあてることもあります。古くから日本人に親しまれ、『万葉集』で最もよく詠まれる花でもあり、鹿とセットで詠まれることが多いです。

原種はヤマハギ。ハギの語源は、生え芽(き)という意味で、古い株から芽を出すのでこの名がついたとも、ハギの小さい葉が歯牙(はぎ)に似ていることによるともいわれています。

メドハギは夜関門という生薬で、咳止め・去痰に用いる。またその茎は占いのぜいちくをつくる材料になります。

去年のちょうど今頃の10月の半ば、花が終わって剪定されたシラハギの枝葉を「萩の寺」として有名な宝戒寺より貰い受けて染めてみました。花が終わっていたこと、剪定の前に長雨であったことのせいか、どの媒染もたおやかな色合いとなりました。アルミ媒染で白橡(しろつるばみ=あかるいサンド・ベージュ)、鉄媒染の樺茶色(かばちゃいろ=カプチーノブラウン)が特に美しいです。

「見まく欲り恋ひつつ待ちし秋萩は花のみ咲きてならずかもあらむ」(見たくて恋しくて、咲くのを待っていた秋萩は、花だけで実にはならないのでしょうか。私のあの娘への恋は実るのでしょうか・・・)と万葉集にも歌われているように、マメ科でありながら、その可憐な花ほど実は目立ちません。
ですが、「和漢三才図絵」には「飢饉の際には実をついて粒を出し、炊いたりおかゆにするとよい」という記述が見当たります。

花をつけるほどに弓なりにしだれるハギの様は、奢ったりはしゃいだりする心を諌めるような、思慮深さを讃えた美しさがあります。

「しら露もこぼさぬ萩のうねりかな」松尾芭蕉

花言葉は、「思案」「前向きな恋」「想い」「内気」「物思い」10/1・10/15の誕生花。秋の季語。秋の七草のひとつ。

Hagi5 (花札では7月の札)

参考サイト/文献

・http://www.hana300.com/inumak.html
・http://had0.big.ous.ac.jp/index.html
・http://ja.wikipedia.org/wiki/ハギ
・http://www.ohararyu.or.jp/kihondata/hagi.html
・http://yasousuki.exblog.jp/6973153/
・http://members.jcom.home.ne.jp/tink/botan/flower2/flowers.htm
・「和漢三才図絵」
・「和漢薬」赤松 金芳 / 著医歯薬出版株式会社

   

| | | コメント (0)

ニンジン・鎌倉野菜の粋な黄緑

Ninjin01 Ninjin03

【学名】   Daucus carota
【英名】   Carrot
【別名】   ナニンジン、セリニンジン
【生薬名】  コラフク(胡蘿蔔)
【科】      セリ科 

もともとニンジンの名は、16世紀にアフガニスタンから中国経由で入ってくる以前にすでに日本にあった薬用ニンジンに根が似ていたことに由来します。
学名のcarotaはラテン語でこれがフランス語のcarotte、ひいては英語のcarrotの語源になりました。
また、この植物から発見されたことからカロチン(carotene, carrotene)という成分が命名されました。

明治時代になるまでは、葉も根と同様に食用にしていたそうです。
葉には、ピロリジン、ダウリンなどアルカロイドや精油を含むので特有の芳香があり、実はビタミンCは根より多く含まれます。

生薬としても長年用いられ、葉は保温性の入浴剤となるので、リウマチ、肩こり、関節痛などに効果がありますが、アレルギーのある人は要注意。葉を煎じた液でうがいをすると、口内炎、扁桃腺を癒す。昔は乳幼児の下痢止めにニンジンの根をすりおろして服用させたそうです。
西欧では、全草が薬草として使え、虫下し、視力向上、お乳の出をよくする、覚醒・興奮作用などに用いるとあります。

明治に橙色の西洋ニンジンが入ってくるまでは、日本では東洋ニンジン(今はそのうちの赤味が強く長い、京ニンジンが関西に残っている)が主流で、色も黄色や黒(!)がありました。

鎌倉駅近くの農協市場、通称「レンバイ」には、たっぷり葉のついたニンジンが夏場と冬場たくさん並びます。
かき揚げに、スープにと毎日利用してもまだ余るので、葉を使って染てみたところ、銅媒染で目にも鮮やかな黄緑を得ました。

レンバイで売られる農協野菜は、「鎌倉野菜」と呼ばれ、今ではすっかり人気のブランドです。ここでしか手に入らない珍しいハーブ類などを目当てにしているお客さんも多いです。
朝7時頃から鎌倉のレストランのシェフたちがその日の仕込みの買い物にやってきます。
夕方と違って、この時間帯は真剣に食材を選ぶプロ集団が溢れ、一種独特の緊張感が漂っています。

冬ニンジンが並ぶのはもう少しさきです。

花言葉は、「幼い夢」。

参考サイト/文献

http://ja.wikipedia.org/wiki/ニンジン
http://www.e-yakusou.com/
http://www.hana300.com/
http://members.jcom.home.ne.jp/tink
http://www.pfaf.org
・「薬草図鑑」伊沢凡人・会田民雄/著 家の光協会

 (C) Tanaka Makiko    たなか牧子造形工房  禁転載

| | | コメント (0)

« 2013/10/13 | トップページ | 2013/10/15 »