« ソテツ・意地でも染まるか、の枯野色 | トップページ | カラタチ・怖いトゲからまろい黄色 »

2013/11/08

アイヌの蝦夷錦(えぞにしき)

Tsukinoe_2  Ezonishiki2_4

私たちのアイヌの文化に対する知識というのはかなり貧弱なものではないでしょうか。
クマやシャケを捕り、顔に入れ墨をして、アッシと呼ばれる麻の衣服を着ている?
ところがどっこい。

調べてみますと、アイヌ民族は、記録の残る江戸時代に限ってみるだけでも、かなりの名商人であったことがわかっています。

19世紀まで、当時の日本では中国の黒竜江流域を山丹といい、そこに住む人をサンタン人と呼びました。そしてこの人達が樺太(からふと)に渡り、樺太や北海道のアイヌとの間に展開した交易をサンタン交易といったそうです。
当時、鎖国中であった日本では東西からの貿易品は全て長崎を通じて入ってきていましたが、北では密かに独自の交易が行われていたというわけです。

清王朝の宮廷ではたらく官吏たちが着ていた官服。豪華な絹織物であったこの官服もこのとき北海道にもたらされ、「山丹(サンタン)服」と呼ばれていました。

江戸時代、アイヌの人々にとってはかなりの不平等な交易を強いていた松前藩、とくにこの「山丹服」にご執心でした。ご禁制の舶来品と知りながらなんとか交易を続けたい松前藩、幕府への献上品に「蝦夷錦」と呼ばわって納めていたといいます。そして、幕府もその実情は知りながら、これを「蝦夷のものならば」と容認していたフシがあります。
「赤穂の塩」がメキシコ産だったり、ゾーリンゲンの刃物が燕市で作られていたり、のような「ラベルのからくり」はこの頃から既にあったのですね。(笑)

「山丹服」はアイヌ社会の中でも社会的地位の高い族長が着たといわれます。

写真の人物は山丹服を纏ったアイヌの英雄国後(クナシリ)の総長ツキノエ。500人の部下を率いた優れた軍人でもあったといわれます。(1774年(安永3)アイヌに対し過酷な収奪や酷使、虐殺を行った飛騨屋(ひだや)久兵衛の船を襲撃し、松前藩との交易を一時停止させますが,のち藩と和睦。1789年(寛政元)の国後・目梨(めなし)のアイヌ蜂起ではアイヌを説得して事態をおさめ,その功を松前藩に賞されました。)

独自にロシアとの交易も行い、まさに北の交易の拠点を束ねて栄えたアイヌの人々。「山丹服」はその象徴なんですね。

参考サイト/文献

http://blogs.yahoo.co.jp/harukan50/22570770.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/夷酋列像
http://kotobank.jp/word/ツキノエ
・「蝦夷錦の来た道」(北海道新聞社)

 

|

« ソテツ・意地でも染まるか、の枯野色 | トップページ | カラタチ・怖いトゲからまろい黄色 »

つるの機織り道(織)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソテツ・意地でも染まるか、の枯野色 | トップページ | カラタチ・怖いトゲからまろい黄色 »