« 2014/02/07 | トップページ | 2014/02/27 »

2014/02/24

2014/02/24

おたずねします。

Karataneogatama01 Karataneogatama02 Karataneogatama03

工房のお隣の庭木が、先日の大雪で折れて道に落ちていました。染めてみたのですが、名前がわかりません。どなたか、ご存知の方、教えていただけませんか。

| | | コメント (0)

カリフラワー・突然の山鳩色(やまばといろ)

Calliflo_01

【学名】   Brassica oleracea var. botrytis
【英名】   Cauliflower
【別名】   ハナヤサイ(花椰菜)、ハナハボタン、   ハナカンラン(花甘藍)
【科】       アブラナ科

明治初年に渡来した野菜。原産は未だによくわかっていないそうですが、地中海沿岸のケールの栽培に際して生まれた突然変異である、とも、キャベツの変種であるブロッコリーから改良された、ともいわれています。16世紀にはヨーロッパで一般的に栽培されるようになりました。

ケールを育てていて、いきなり白いカリフラワーが現れたら、ちょっとした衝撃ですね。(笑)

2012年の冬に種をまいたところ、見事に葉が育ちました。が、なかなか実(正確には花蕾)がつかず、あきらめかけていたところ、葉の中心に、かわいいオレンジ色のカリフラワーを見つけて、おもわず小躍り!! そう、実はオレンジ色や紫色など、カリフラワーは結構華やかなのです。

一般には白いものが多く出回っていて、これがなんとなく「顔色の悪い病弱な」印象を与えてしまっていて、損をしていますね。

しかし、侮ることなかれ。ビタミンCの含有量はレモンにひけをとらず、しかも熱に強いので、調理後も含有量が変わりません。そのほか、ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・糖質・たんぱく質・食物繊維が豊富で、美肌作り・老化防止・肥満予防・粘膜の強化・疲労回復・風邪予防に効果的。また、アブラナ科の野菜に含まれるイソチオシアネートは抗酸化作用があり、ガン予防に有効な注目の成分です。

ブロッコリーと違い、脇かぶが出ることもなく、葉も硬くて食用になりにくそうな様子だったので、収穫後に染めてみたところ、どの媒染でもさしたる違いがなく、緑味のグレー系。鉄で媒染した色が和名でいうところの山鳩色(やまばといろ)でした。
ウールと相性が良いように見えます。

花言葉は「お祭り騒ぎ」。(ちなみによく似たブロッコリーの花言葉は「小さな幸せ」。)

最近、鎌倉の農協販売所(レンバイ)に、ロマネスコがお目見えするようになりました。この造形はお見事!  神様、流石です。すっかり人気をブロッコリーに奪われた感があるカリフラワーですが、さて人気回復となりますかどうか・・・。

Romanesco

参考サイト/文献

http://www.t-webcity.com/~plantdan/
http://ja.wikipedia.org/wiki/カリフラワー
http://ouuuo.com/yasai/yasai46.html・http://kenkou-tabemono.info/
・「原色牧野日本植物図鑑 コンパクト版 3」 北隆館

(C) Tanaka Makiko    たなか牧子造形工房  禁転載

| | | コメント (0)

オクラ・粘りのカーキー色

Okura05 Okura02

【学名】   Hibiscus esculentus L , Abelmoschus esculentus Moench
【英名】   Okra
【別名】      アメリカネリ、オカレンコン( 陸蓮根)
【科】      アオイ科

アフリカ原産で、紀元前2000年にはエジプトで栽培されていたという古い野菜。日本には江戸時代末期にアメリカから渡来しましたが、食用になったのは最近で、長く観賞用とされてきました。

アメリカ南部でよく栽培されるのは、アフリカから連れて来られた奴隷がもたらしたからといわれています。オクラという英語名も、西アフリカのガーナのチュイー族の現地語nkrumanが語源だそうです。

本来は暖かい気候を好む野菜で、熱帯では多年草だが日本では一年草になってしまいます。花は、ワタやトロロアオイ、フヨウに似て、美しい黄色の花弁に、ワインレッドの花芯。

オクラ特有のネバネバ成分は、糖質のガラクタンにたんぱく質が結合したムチンで、肝臓や腎臓の働きを促進し、コレストロール値や血糖値を抑制して便秘を改善する働きがあるとされています。

また、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラルの含有量も多く、高血圧や骨粗しょう症の予防にも効果がある万能野菜として知られています。

種を煎って、コーヒーの代用にすることもできるそうですよ。

2013年、ゴールデンウィークに種をまいたところ,見事に成長し、一夏、オクラの実を楽しめました。葉の根元からにょきりにょきりと刺すように生えてくるオクラの実は、ちょっとユニーク。油断するとすぐ大きくなって、うっかりすると30cmぐらいになってしまいますが、こうなると、筋っぽくなって食べられません。10cmぐらいになったところを見計らって、マメに収穫しないといけません・・・(学習)。

収穫が終わったあとの葉と茎があまりにもりっぱだったので、煮出したところ、アルミで深い黄色、銅でカーキー色、鉄で緑味の黒。どの媒染でも粘りのある大変堅牢な色を得たのは、その薬効を反映してでしょうか。

花言葉は「恋によって身が細る」 。8/15の誕生花。

参考サイト/文献

http://ja.wikipedia.org/wiki/オクラ
http://www.e-yakusou.com/
http://asahikawaic.jp/gallery/docs/gana_cooking.pdf
http://www.hana300.com/
http://members.jcom.home.ne.jp/tink
・「原色牧野日本植物図鑑 コンパクト版 1」 北隆館

(C) Tanaka Makiko    たなか牧子造形工房  禁転載

| | | コメント (0)

« 2014/02/07 | トップページ | 2014/02/27 »