« ササゲ・恥じらいははじめだけの薄黄色 | トップページ

2017/08/03

鎌倉染色彩時記・訂正箇所一覧

2015年に出版いたしました「鎌倉染色彩時記」に多数の間違いが見つかりました。

これはひとえに作者の確認不足によるものです。ご購入いただきました方々には、心よりお詫び申し上げ、ここに訂正させていただきます。

   たなか牧子

【 誤字・誤植 】

・P10 目次の下段53番  以外と  → 意外と
・P13   目次の上段193番  4. 煤染について → 媒染について
・P136「キンモクセイ」、P137「ヒガンバナ」の色見本に媒染の名前が欠落しております。それぞれ右から「アルミ」「銅」「鉄」です。
・P174 ユーカリの記述 5段落目 アポリジニ → アボリジニ
・P193 ◎綿の精錬 5行目末尾の文字が消えています。正しくは「もの」。
・P204の薬酒材料名 2段目  アンズアンズ → アンズ

【 内容の誤り 】

・P138 ザクロの科 ミソハギ科 → ザクロ科
・さくいん タンポポ  P22 → P16
・さくいん ハルジオン P16 → P22
・【重要】P197 藍の乾燥葉による染め方レシピの中で、使用する炭酸ソーダとハイドロサルファイトの量が液量の10%となっていますが、1%の誤りです。また、手順の番号が微妙にずれています。順番に作業を行えば間違いは起こりませんが、含んでお読みください。

【 本作・イラストレーターについて 】

本作でイラストを担当してくれたイラストレーターの名前が欠落しています。
エッセイ、染め方レシピのページに素晴らしいイラストを提供してくれたのは「はまぐり涼子」(吉澤涼子)さんです。
◎はまぐり涼子
天才的に画力に加え、飛び抜けた文章力も持ち合わせるイラストレーター、ルポライター。
鋭い観察力で日常の何気ない出来事から大切なエッセンスを抜き出す、天性のフットワークのよさを活かして国内外をまめまめしく旅をして、優しい視点で切り取る、などを得意とする。
作品はHPFBで見ることができる。
シネスイッチ銀座映画絵日記、カジュ・アート・スペースの会報誌カジュ通信でもコラムを担当。
鎌倉市在住。

|

« ササゲ・恥じらいははじめだけの薄黄色 | トップページ

鎌倉・染色彩時記(染)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ササゲ・恥じらいははじめだけの薄黄色 | トップページ