« リュウゼツラン・燃え尽きて白橡(しろつるばみ) | トップページ | さくら帯 »

2019/03/18

ユズ・お肌すべすべのカナリヤ色

Yuzu01

【学名】   Citrus junos
【英名】   yuzu
【別名】   ユ、ユウ、ユノス
【科】   ミカン科

中国揚子江上流の原産。
ホンユズは、奈良時代にはすでに渡来しており、平安時代には栽培していた記録が残っています。
対してハナユズは、日本原産であるといわれますが、定かではありません。

古名「ユノス」は、果汁を酢の代わりに用いたことから「柚の酸(ゆのす)」といわれたことに由来するそうです。これがそのまま、学名となりました。現在の「ユズ」も「柚酸」からきています。

和漢三才図会には、「柚の実は食を消化し、酒毒を解し、妊婦で食欲のないのを治す。柚の皮は気を下し、隔(胸部)を快くし、痰をなくし、憤懣(ふんまん)の気を散じさせる。」とあります。確かに、ユズの芳香には、気持ちを落ち着ける効果があるように思います。オレンジのような甘さはなく、レモンほど強い酸味は感じさせない、まさしく、和のすっきり系トップノート。

果実には、ビタミンC、クエン酸、酒石酸を含み、果皮には、ピネン精油、シトラール、リモーネンを含みます。果肉、果汁を肌につけてこすると、ひび、あかぎれ、しもやけなどの肌荒れを改善。 冬至に柚子風呂をたくのは、風邪予防、血行を促進して、神経痛や冷え性を改善、などの他、この、肌荒れ対策の意味もあるようです。リウマチには、種を黒焼きにしたものに熱湯を注いで飲むと良い、という記述も見当たります。種のぬめりに肌荒れを防ぐ薬効が特に多いといわれます。

<<ユズの種の化粧水>>※ご使用前にパッチテストしてください。
◆材料◆ ・ゆずの種(洗ってないもの、ぬめりを取らないことが大切!)
・ゆずの種の3〜10倍量の焼酎(35度)
◆作り方◆
しっかり蓋のできる容れ物にゆずの種と焼酎を入れる。ときどきゆすって混ぜながら、冷蔵庫に入れて1週間以上漬け込み、液体がトロッとしてきたら出来上がり。
冷蔵庫で1ヵ月くらい保存できる。
これに好みの分量でグリセリンを足して使う。ただし、柑橘系の化粧水は紫外線によるシミの原因になりやすいので、夜、就寝前などに使用すること。

冬の日本料理にも欠かせないアイテム。お吸い物にユズの皮がちょっと刻んであるだけで、どうしてあんなに華やぐのでしょう。柚子胡椒、バンザイ! 柚子味噌、バンザイ! 
来年はぜひ、ゆべし(柚餅子)に挑戦したいと思います。

成長が遅いことでも知られ、「桃栗3年、柿8年、ユズの大馬鹿18年」などといわれます。大馬鹿はひどいですが、実際、栽培にあたっては、種子から育てる実生栽培では、結実まで10数年かかってしまうため、結実までの期間を短縮するため、カラタチへの接ぎ木によって数年で収穫可能にすることが多いそうです。そういえば、ユズの枝もカラタチに負けないぐらいの鋭いトゲがあります。

剪定したユズの枝葉をいただいたので、煮出したところ、芳香を放ちながら、濃い黄色の液となりました。スズでカナリヤ色、銅で璃寛茶 (りかんちゃ)、鉄でうぐいす色から麹塵色

花言葉は「健康美」「汚れなき人」「恋のため息」。
5/21、12/31の誕生花。冬の季語。

◎参考サイト / 文献◎

https://ja.wikipedia.org/wiki/ユズ
http://www.e-yakusou.com/
http://hananokotoba.com/
・「花と樹の事典」木村陽二郎 / 監修 柏書房
・「薬草の自然療法」 東城百合子/著 池田書店
・「和漢三才図絵」/寺島良安 第87巻
・「原色牧野日本植物図鑑 コンパクト版 1」 北隆館
・「よくわかる樹木大図鑑」平野隆久/著 永岡書店

|

« リュウゼツラン・燃え尽きて白橡(しろつるばみ) | トップページ | さくら帯 »

鎌倉染色彩時記(染)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リュウゼツラン・燃え尽きて白橡(しろつるばみ) | トップページ | さくら帯 »