« 2022/07/10 | トップページ | 2022/07/19 »

2022/07/18

2022/07/18

おつるのヲトナの遠足「江戸東京たてもの園」

290393244_4899415713496939_3415636063776 290294178_4899415883496922_3975304260833 290586493_4899415460163631_6360884818773 290822734_4899415660163611_2602631299364


先週の話。ひっさびさです、「おつるのヲトナの遠足」!
今回は、「江戸東京たてもの園」です。
朝6時起きして、開園と同時に入りました。

本を書くにあたって3年前から調査を始めて、ずっと宿題になっていたある家を訪ねるための遠足。
本当は書き上げる前に来るべきだった家なのです。

八王子千人同心 組頭、塩野適斎の拝領屋敷です。

「だれ、それ?」って話ですよね。
ですが、私にとっては、もう他人とは呼べない愛しい男なのだ。
江戸寛政年間(松平定信公が老中のころ)。
眉目秀麗、文武両道、人格者として知られる、八王子千人同心きっての逸材といわれた人物です。
私の本では、前半部分の重要な登場人物でして、御年17〜21の塩野の若さま(当時は所左衛門と名乗っていました)に大活躍してもらいました。

こんなお家に住んでいたんですね。隣の豪農の家より小さいよ。
そこがまたなんとも、質実剛健というか、虚飾を排したスッキリした暮らしぶりというか、嗚呼、惚れ直してしまう。

所左さまがごはんを食べたであろうお台所、寝起きして、勉学に励んだであろう部屋、お風呂(って桶で水浴びか!)、トイレ!」
289671285_4899415323496978_9086451907390

ふふ、早い時間に来た甲斐あって、だーれもいません。
思いっきり寝そべってやったわい💖

おじいちゃんになってもイケメンです。
290802781_4899415683496942_7083606329122

お話は機織りや藍染が軸になっていて、津久井の幻の紬「川和縞(かわなじま)」も出てきます。
鎌倉もばっちりでてきますよ。舞台のモデルは華頂宮邸です。

現在、原稿は出版の目処が立たないままなのですが、運良く出版された暁には、みなさまにも今日の私の興奮をお分りいただけるものと思います。

江戸東京たてもの園は他にも純日本家屋の高橋是清邸はじめ、大正期の洋風建築、看板建築の傑作が多数保存されていて、ほんと、ワクワクいたしました。

| | | コメント (0)

« 2022/07/10 | トップページ | 2022/07/19 »