« 本のさざ波 | トップページ | 愛しの合鴨(アイガモ) »

2022/12/26

年末のお仕事。

322331040_569336018369825_63209702040949 307429466_5109061609199014_6033436786585

年末恒例、お飾り作り。

だいぶ「データとり」ができて、要領がつかめてきました。

一度にどーんとやろうとすると、クタクタになるので、今年は段取りを決めてちびちび3日に分けてつくりました。

紙垂(しで)は、感じのいい和紙を貯めておいたので、仕事の合間にちょこちょこ作っておき、干しておいた稲から穂を取り除いて、しめ縄2つ分、輪飾り10こ分をあらかじめ輪ゴムで分けておいてから水に浸ける。
322148314_1340728123390846_7800425128533 321794777_562630615722199_30475086135982 322009194_2084670751922398_2105657186812

縄をなって形を作る→一日乾かして→紙垂やシダ(ウラジロのかわり)をつけて仕上げ。
321613029_1656378778165969_7597788850088 322013078_547841527234365_39931266070690

そして門松。
今年もレインボーステイに竹を分けていただき、一日目はそれを斜めに切るところまで。
320803743_470681135142849_47605470525746

日頃の行いよく(笑)、このタイミングで近くに植木屋さんのトラックがとまっていて、荷台に松がたんまりあったので分けていただく。
松ぼっくりのおまけ付きだったので、金のスプレーで着色しておく。

次の日、竹に松とわら縄をつけ→紙垂と松ぼっくりをつけて仕上げ。

自分で育てた稲、地元の竹、松、シダ。

一年の全てに感謝を込めての楽しい工作でした。

| |

« 本のさざ波 | トップページ | 愛しの合鴨(アイガモ) »

つるの徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本のさざ波 | トップページ | 愛しの合鴨(アイガモ) »